ホーム > 政策について > 分野別の政策一覧 > 健康・医療 > 健康 > 生活習慣病を知ろう! > 高血圧ホームページへようこそ > 高血圧ってどんな病気?

高血圧ってどんな病気?


高血圧ってどんな病気?


 
高血圧とは血管に強い圧力がかかりすぎているこ
 まず、血圧について説明しよう。血液が血管の中を通るとき、血管にかかる圧力のことを血圧というんだ。
  心臓は、ポンプのように毎分60〜70回ぐらい、血液を血管へと押し出しているんだ。これが、手首などをさわるとドクンドクンと打っている脈拍だね。
 心臓が収縮して血液を押し出した瞬間は、血管にいちばん強く圧力がかかる。これが収縮期血圧(最高血圧)なんだよ。そして、収縮した後に心臓がひろがる(拡張する)ときには、圧力がいちばん低くなる。これが拡張期血圧(最低血圧)だ。収縮期血圧と拡張期血圧のどちらが高くても、高血圧というんだよ。
 水道のホースに水を流すとき、水を多くすれば、ホースはぴんと張りつめた状態になるね。これが、高い水圧がホースにかかっている状態だ。また、どこかでホースを押えつけて通りにくくすれば、水の量は少なくても、そこからうしろのホースはやはり張りつめた状態になるよね。これと同じように、血圧も、心臓が送り出す血液の量(心拍出量)と、それを流す血管の通りづらさ(末梢血管の抵抗)とで決まってくるんだよ。
大部分は原因がはっきりとはわからない
 では、どうして高血圧が起こってくるかというと、さまざまな原因があるんだ。そのなかではっきりと原因がわかる高血圧を二次性高血圧(症候性高血圧)というんだけど、これは全体の1割もないんだ。
 日本人の高血圧の大部分は原因が特定できない高血圧で、これを本態性高血圧と呼んでいるんだ。つまり、どんな検査をしてもはっきりとした原因が見つからない高血圧、二次性高血圧ではない高血圧が、本態性高血圧なんだよ。
高血圧特有の自覚症状はない
 高血圧になったらすぐにわかるといいんだけど、自覚症状はほとんどといっていいほどないんだよ。人によっては、高血圧と診断される直前から肩こりがひどくなったとか、頭痛がするようになったとかいう人がいるけれど、これも高血圧の特有の症状ではないから、症状だけで高血圧を見つけることはできないよね。
 そのため、定期的に血圧を測っていないと、高血圧を発見することは難しい。健診を受けていれば早めに発見できるけどね。
 また、せっかく定期健診で早いうちに発見できて、「血圧が高いから、精密検査を受けるように」といわれても、自覚症状がないからと放置する人が、実際にいるんだね。もったいないことだ。
 放置すると、血管が硬くなる動脈硬化になったり、のちに虚血性心疾患(狭心症や心筋梗塞)や脳卒中などの発作を起こすおそれがあるんだよ。これらが命にかかわる病気だということは、知っていますね。
 日本人には高血圧の人がとても多くて、約781万人もの人が治療を受けている。だからかえって、あまり危険な状態だという意識はないかもしれないね。だけど、症状がほとんどないままに、長年かかってひそかに血管を蝕んでいくんだ。そのため「サイレント・キラー」とも呼ばれる、おそろしい病気なんですよ。
高血圧(放置する)→動脈硬化(放置する)→心臓病・脳卒中→最悪の場合、死亡
健康日本21
高血圧の改善を目指しています。
 平均最大血圧約4.2mmHgの低下
 




厚生労働省トップへ   生活習慣病を知ろう!へ

高血圧ってどんな病気? 高血圧だと何が悪いの? 日本人と高血圧 高血圧を防ぐ食事
高血圧を防ぐ日常生活 血圧を調べる検査 高血圧の治療はどうする? リンク

ホーム > 政策について > 分野別の政策一覧 > 健康・医療 > 健康 > 生活習慣病を知ろう! > 高血圧ホームページへようこそ > 高血圧ってどんな病気?

ページの先頭へ戻る