ホーム > 政策について > 分野別の政策一覧 > 健康・医療 > 健康 > 生活習慣病を知ろう! > 肥満ホームページへようこそ > 肥満って、どんな状態?

肥満って、どんな状態?


肥満って、どんな状態?


 
肥満とは、からだの脂肪が多すぎる状態のことだよ
 肥満というのはふつう、からだが太っているという意味だけど、医学的に「肥満」という言葉を使うときには、脂肪が一定以上に多くなった状態のことをいうんです。
 人のからだはさまざまな物質でできているんだけど、おおまかには、水分と、筋肉に多い糖質とたんぱく質、骨に多いミネラル、脂肪でできているといえるんですね。肥満というのは、このなかの脂肪の割合が多すぎることなんです。だから、体重が重くても、プロレスラーやハンマー投げの選手など筋肉や骨の割合が多い人は脂肪は少ないから、肥満ではないんですよ。
肥満はふつうBMIで判定される
 現在、肥満の判定は、身長と体重から計算されるBMIという数値で行われています。これはBody Mass Index(肥満指数)の略で、みなさんも聞いたことがあるんじゃないでしょうか。BMIはつぎの計算式で計算できます。

BMI計算式 BMI=体重(kg)/身長(m)*身長(m)

 日本肥満学会が決めた判定基準では、統計的にもっとも病気にかかりにくいBMI22を標準とし、25以上を肥満として、肥満度を4つの段階に分けています。

■肥満度の判定基準(日本肥満学会2000)
  BMI
低体重(やせ) 18.5未満
普通体重 18.5以上 25未満
肥満(1度) 25以上 30未満
肥満(2度) 30以上 35未満
肥満(3度) 35以上 40未満
肥満(4度) 40以上
内臓脂肪の量は腹囲でだいたいわかる
 からだの脂肪の量のうち、内臓にたまる脂肪がもっとも問題だといわれているんだ。この内臓脂肪は、腹囲(へその高さで測るウエスト周囲径)と比例するため、腹囲を測定することで内臓脂肪型肥満かどうかの判定が行われるようになってきたんだよ。
 男性85cm以上、女性90cm以上だと内臓脂肪型肥満と判定されるんだよ。
 40歳以上の人が受ける特定健診などの健診では、この腹囲が基準値を超えているかどうかをとても重要視しているんだよ。なぜなら、内臓脂肪が多くなると、内臓脂肪から出ているアディポサイトカインというホルモンのような物質のうち、高血圧や脂質異常症、糖尿病、動脈硬化などになりやすくなる物質が多く分泌されるようになるからなんだ。
 



質問コーナー
タヌキ
Q1 太っていると、それだけで病気なの?
   肥満だけでは病気じゃないけど、いろいろな病気の原因になりやすいんだ
フクロウ博士
 BMI25以上は肥満と判定されるけど、肥満に伴いやすい病気である、高血圧や脂質異常症、糖尿病などがなければ、病気とはいえないんですね。日本肥満学会がBMI22が標準と決めたのは、その数値なら肥満に強く関連する病気、たとえば高血圧、脂質異常症、糖尿病などにかかりにくいからなんです。そうして、25以上になると、そうした病気にたいへんかかりやすくなるんです。だから、もしBMI25以上なら、まだ血圧や血中コレステロール、血糖値などに異常値がなくても、十分に注意しなければならないっていうことですね。
イノシシ
Q2 太りやすい体質って、あるの?
  「基礎代謝量の違い」っていうのがあるんだよ
フクロウ博士
 それは確かにあるようですね。同じものを同じだけ食べても太る人と太らない人がいるってこと、ありますからね。また、大食い大会の優勝者がぜんぜん太っていないという例も意外にあるようです。
 同じ体格でもよく動く人は当然使うエネルギー量が多いから、太りにくいってことはわかりますね。
 それ以外の場合で、よく食べるのに太らない人には、二つの体質が考えられます。一つはせっかく食べたものを十分に消化吸収できない体質ということ。もう一つは基礎代謝量が大きいタイプです。
 基礎代謝というのは、命を保つために最低限必要なエネルギーのこと。何もしないで横になっていても、呼吸したり、血液を循環させたり、体温を一定に保ったり、内臓を動かしたりするために使われるエネルギーですね。
 基礎代謝量は、年齢や性別による差や、個人差があります。基礎代謝量が大きい人は、食べたものをためこまずにエネルギーにして使っていくので、よく食べる割には太らない。まあ、車なら燃費が悪いんだけど、人の場合は太りにくいってことになります。
イノシシ
Q2 肥満も遺伝するの?
  遺伝が原因の肥満はごく少数だよ
フクロウ博士
 「うちは両親もばあちゃんも太っているから、遺伝だよ」という人がいますね。たしかに、一家そろって肥満の家族も見かけます。
 前に話した「太りやすい体質」が遺伝すれば、みんな太りやすくなるということは考えられますね。けれども、みんなそろって太っているからといって、遺伝だけが原因とはいえません。というのも、家族が一緒に暮らしていれば、食べる量や食事の好み、食べ方などの食習慣はもちろん、運動ぎらいなど、ほかの生活習慣も似てくるのは当たり前だからです。つまり、遺伝が原因の肥満はごくわずか。重要なのは遺伝よりも生活習慣だといえそうですね。





厚生労働省トップへ   生活習慣病を知ろう!へ

肥満ってどんな状態? 日本人の肥満 肥満の何がこわいの? 肥満を防ぐ食事
肥満を防ぐ日常生活 肥満症を調べる検査 肥満の治療 リンク

ホーム > 政策について > 分野別の政策一覧 > 健康・医療 > 健康 > 生活習慣病を知ろう! > 肥満ホームページへようこそ > 肥満って、どんな状態?

ページの先頭へ戻る