ホーム > 政策について > 分野別の政策一覧 > 福祉・介護 > 介護・高齢者福祉 > 認知症施策推進総合戦略(新オレンジプラン)パンフレット作成について

認知症施策推進総合戦略(新オレンジプラン)パンフレット作成について

 厚生労働省では、団塊の世代が75 歳以上となる2025(平成37)年を見据え、認知症の人の意思が尊重され、できる限り住み慣れた地域のよい環境で自分らしく暮らし続けることができる社会の実現を目指し、新たに「認知症施策推進総合戦略〜認知症高齢者等にやさしい地域づくりに向けて〜」(新オレンジプラン)を関係11府省庁と共同で策定しました(平成27 年1 月27 日)。
 この度、この新オレンジプランを国民に広く普及するとともに、関係施策の推進に寄与することを目的として、以下のとおりパンフレットを作成しましたのでお知らせします。

ページの先頭へ戻る


PDFファイルを見るためには、Adobe Readerというソフトが必要です。Adobe Readerは無料で配布されていますので、左記のアイコンをクリックしてダウンロードしてください。

ホーム > 政策について > 分野別の政策一覧 > 福祉・介護 > 介護・高齢者福祉 > 認知症施策推進総合戦略(新オレンジプラン)パンフレット作成について

ページの先頭へ戻る