ホーム > 政策について > 分野別の政策一覧 > 雇用・労働 > 職業能力開発 > キャリア形成支援

キャリア形成支援

このページでは、「キャリアコンサルティング」など、個人のキャリアアップのための支援について紹介しています。

施策紹介

キャリアコンサルタントの育成やキャリアコンサルティングを受けられる環境の整備を推進しています。

企業内における労働者のキャリア形成の効果的な促進のため、その雇用する労働者を対象として、目標が明確にされた職業訓練の実施、自発的な職業能力開発の支援を行う事業主に対して、訓練等に要した経費及び訓練実施期間中の賃金の一部などを助成する制度です。

雇用保険に加入している(されていた)方が、厚生労働大臣が指定する教育訓練を受講し、修了された場合に、掛かった費用の20%(上限10万円)が、ご本人に支給されます。

平成26年10月1日から、中長期的なキャリアアップを支援するため、「教育訓練給付金」の給付内容が拡充されます。専門的・実践的な教育訓練として指定されると、当該講座の受講生(※)に受講費用の40%(年間上限 32万円)、さらに資格等取得し、被保険者として雇用される又は雇用されている場合には20%が追加支給されます。(合計60%、年間上限48万円)

(※)雇用保険に加入している(されていた)等、一定の要件を満たしている方に限ります。

ページの先頭へ戻る

ページの先頭へ戻る


ホーム > 政策について > 分野別の政策一覧 > 雇用・労働 > 職業能力開発 > キャリア形成支援

ページの先頭へ戻る