ホーム > 政策について > 分野別の政策一覧 > 雇用・労働 > 労働基準 > 労働保険の適用・徴収 > 東日本大震災により被災された事業主の皆さまへ

東日本大震災により被災された事業主の皆さまへ

〜労働保険における特例措置についてお知らせします〜

この度の東日本大震災を受け、労働保険料(一般拠出金を含みます。)の申告・納付につきまして、次のとおり特例措置を行っています。

※特例措置の概要を記したリーフレットPDF 「被災された事業主の皆さまへ」 [788KB]をご覧ください。

ページの先頭へ戻る

1.労働保険料等の免除

(1)内容

 東日本大震災による被害を受け、(3)の要件を満たした場合、申請により、最大で1年間、 労働保険料等の免除が受けられます

(2)対象地域

岩手県、宮城県、福島県の全域。

青森県、茨城県、栃木県、埼玉県、千葉県、新潟県、長野県の一部。(詳細はサイト内リンク こちら

(3)免除の要件

  • 平成23年3月11日に、事業場が(2)の対象地域に所在していたこと。
  • 東日本大震災の被害により、賃金の支払に著しい支障が生じている(※)等、労働保険料の支払が困難である事情があること。
    • (※)「月単位でみた労働者1人当たりの賃金」が、東日本大震災発生前の直近の額と比較して2分の1未満となっている場合をいいます。なお、免除の要件に該当するか否かの判断に当たっては、休業手当は、賃金の額には含めずに計算します。また、免除の要件に該当するか否かは、月単位で判断します。

(4)免除対象期間

平成23年3月1日から平成24年2月29日まで。

※(3)の免除の要件に該当しない期間は除きます。

※一般拠出金は平成23年度分が免除対象となります。

(5)申請等様式

○一般事業主の方用
免除の申請関係
 労働保険料・一般拠出金免除申請書 Excel 様式1
  ・様式1の別紙 Excel 別紙
Excel (計算用)
 労働保険料・一般拠出金免除申請書(有期事業用) Excel 様式1-2
 労働保険料等の免除に係る申立書 Word 様式2
免除対象期間終了届関係
 労働保険料免除対象期間終了届 Excel 様式5
  ・様式5の別紙 Excel 別紙
免除額の精算関係
 労働保険料等免除額精算書 Excel 様式13
Excel (計算用)
  ・様式13の別紙(特別加入保険料、単独有期事業、一括有期事業、一般拠出金関係) Excel 別紙
Excel (計算用)
○第2種特別加入者の団体用
免除の申請関係
 第2種特別加入保険料免除申請書 Excel 様式7
 第2種特別加入保険料の免除に係る申立書 Word 様式8
免除対象期間終了届関係
 第2種特別加入者免除対象期間終了届 Excel 様式11
免除額の精算関係
 第2種特別加入保険料免除額精算書 Excel 様式15
Excel (計算用)
  • 様式の下に(計算用)とあるものは、計算用のシート(Excel)です。申請書作成の際にご活用ください。(提出用には使用しないでください。)

【記入要領】

(6)申請書の提出先

年度更新の申告書と合わせて 、事業場を管轄する都道府県労働局または労働基準監督署に提出してください。

  • 年度更新期間以外でも申請は受け付けておりますが、年度更新手続と合わせて申請いただくとよりスムーズに申請いただけます。

ページの先頭へ戻る

2.労働保険料等の申告・納付期限の延長

申請は必要ありません

(1)内容

 東日本大震災の被災地域に所在する事業主の皆さまについて、労働保険料等の申告・納付期限を一律に延長しています。

(2)対象地域、期限(H24.2.17時点)

  青森県、茨城県:H23.7.29まで延長
  岩手県、宮城県、福島県のうち一部の市町村:H23.9.30まで延長
  岩手県、宮城県のうち一部の市町:H23.12.15まで延長
  宮城県石巻市、東松島市及び牡鹿郡女川町:H24.4.2まで延長
  福島県田村市、南相馬市、伊達郡川俣町、双葉郡広野町、双葉郡楢葉町、双葉郡富岡町、双葉郡川内村、双葉郡大熊町、双葉郡双葉町、双葉郡浪江町、双葉郡葛尾村、相馬郡飯舘村:H26.3.31まで延長。

(3)留意点

  1. (1)延長の措置は、労働保険料等の申告・納付を免除するものではありませんので、期限までに手続を行っていただきますようお願いいたします。
  2. (2)期限までに労働保険料等を納付することが困難な事業主は、申請により、納付が猶予・免除される場合があります。詳細は、「1.労働保険料等の免除」又は「3.労働保険料等の納付の猶予」をご覧ください。

ページの先頭へ戻る

3.労働保険料等の納付の猶予

申請が必要です

(1)内容

 東日本大震災により被害を受け、(3)の要件を満たす事業主の皆さまについて、労働保険料等の納付を最大で1年間猶予します。

(2)対象地域

 対象地域の指定はありません。

 なお、2.の申告・納付期限の延長の対象地域における事業主の皆さまにつきましては、延長後の期限から猶予の申請が可能になりますので、延長後の期限においても、なお納付が難しい場合に申請してください。

(3)要件

 事業財産に相当の損失(おおむね20%以上)を受けたこと。

(4)申請等様式

労働保険料等納付猶予申請書 [災害猶予用] Excel 様式第1号
被災明細書 Excel 様式第2号
労働保険料等納付猶予申請書 [一般猶予用] Excel 様式第3号

(5)申請書の提出先

 事業場を管轄する都道府県労働局または労働基準監督署に提出してください。

特例措置に関する詳しい内容は、事業場を管轄するサイト内リンク 都道府県労働局またはサイト内リンク 労働基準監督署にお問い合わせください。

ページの先頭へ戻る

参考資料(通知等)

2.労働保険料等の申告・納付期限の延長関係、3.労働保険料等の納付の猶予関係

ページの先頭へ戻る


PDFファイルを見るためには、Adobe Readerというソフトが必要です。Adobe Readerは無料で配布されていますので、左記のアイコンをクリックしてダウンロードしてください。

ホーム > 政策について > 分野別の政策一覧 > 雇用・労働 > 労働基準 > 労働保険の適用・徴収 > 東日本大震災により被災された事業主の皆さまへ

ページの先頭へ戻る