ホーム > 政策について > 分野別の政策一覧 > 雇用・労働 > 雇用 > 事業主の方へ 〜従業員を雇う場合のルールと支援策〜 > 従業員(障害者・難病患者等)の職場定着

従業員(障害者・難病患者等)の職場定着

 近年、企業における障害者の雇入れが拡大してきていますが、今後、雇入れ後に早期離職することなく職場定着を推進していくことが課題となっています。
 また、難病患者等の職場定着についても取り組みが求められています。

事業主の取組に対する支援策

 障害者の職場定着を推進するためには、事業主が障害者の特性を理解し、的確な雇用管理を行うことが重要ですが、そのために次のような支援策を活用することができます。

取組の手引き

 ジョブコーチとは、知的障害者や精神障害者などの円滑な職場適応を進めるために、職場で事業主と障害者の双方に直接的かつ専門的な支援を行う専門知識をもったスタッフであり、独立行政法人高齢・障害・求職者雇用支援機構が運営する地域障害者職業センターから派遣を受けたり、社会福祉法人等や事業主自らが助成金を受けて配置することができます。


  • (a) サイト内リンク 障害者就業・生活支援センター

    障害者就業・生活支援センターは、雇用・保健・福祉・教育等の地域の関係機関ネットワークによって、障害者の身近な地域において就業面及び生活面における一体的な相談・支援を行う専門機関です。

  • (b) 別ウィンドウで開く 地域障害者職業センター

    独立行政法人高齢・障害・求職者雇用支援機構が運営する地域障害者職業センターでは、障害者雇用全般について専門的な相談支援を行っており、特に精神障害者や、精神障害を雇用しようとしているまたは雇用している事業主に対しては、雇用促進・職場復帰・雇用継続のための専門的な支援を体系的に実施しています(精神障害者総合雇用支援)。

  • (c) 別ウィンドウで開く 発達障害者支援センター

    発達障害者支援センターは、保健・医療・福祉・教育・労働などの関係機関と連携した、地域における総合的な支援ネットワークを構築しながら、発達障害者とその家族からのさまざまな相談に応じ、指導と助言を受けることができる専門機関です。

  • (d) サイト内リンク ハローワーク

    全国のハローワークでは、障害者雇用全般に関する相談・支援を行っており、また、障害者の職場定着を進めるため、障害者が就職した後も事業所を訪問するなどによってフォローアップ(職場定着指導)をしています。


助成金


事例情報

関連資料

テキスト・マニュアル等

PDFファイルを見るためには、Adobe Readerというソフトが必要です。Adobe Readerは無料で配布されていますので、左記のアイコンをクリックしてダウンロードしてください。

ホーム > 政策について > 分野別の政策一覧 > 雇用・労働 > 雇用 > 事業主の方へ 〜従業員を雇う場合のルールと支援策〜 > 従業員(障害者・難病患者等)の職場定着

ページの先頭へ戻る