ホーム > 政策について > 分野別の政策一覧 > 雇用・労働 > 雇用 > 事業主の方へ 〜従業員を雇う場合のルールと支援策〜 > 従業員の職場定着・就業継続に対する支援策

従業員の職場定着・就業継続に対する支援策

 雇い入れた従業員が短期間で離職することなく、職場に定着するためにはどうしたらよいでしょうか。特に障害がある従業員の定着についてはどうしたらよいでしょうか。
 また、従業員の方が、「メンタルヘルス不調」、「疾患(がん患者など)」、「育児・介護」などを理由として離職することなく、「就業を継続」することができるようするためにはどうしたらよいでしょうか。
 このような場合に事業主が活用できる支援策をまとめました。 

 採用した従業員が、会社の戦力となる前に離職してしまうことは、事業主にとっても従業員本人にとっても損失になります。従業員が早期離職することなく職場に定着し、その能力を発揮できるようにするためには、雇用管理のあり方を振り返り、必要な改善を進めることが重要です。
 事業主が従業員の職場定着に取り組む場合に活用できる支援策についてはこちらをご覧ください。

 近年、企業における障害者の雇い入れが拡大してきていますが、今後、雇い入れ後に早期離職することなく職場定着を推進していくことが課題となっています。また、難病患者等についても職場定着の推進が求められています。
 事業主が、障害がある従業員や難病等を抱える従業員の職場定着に取り組む場合に活用できる支援策についてはこちらをご覧ください。

 事業主は、従業員に、うつなどのメンタルヘルス不調が発生しないような職場づくりをすることが求められています。また、メンタルヘルス不調者が発生した場合、本人が離職に至ることなく、また休職したとしても円滑に職場復帰し、就業を継続できるよう配慮することが重要です。
 事業主がメンタルヘルス不調を抱える従業員の就業継続に取り組む場合に活用できる支援策についてはこちらをご覧ください。

 近年、労働環境の変化などにより脳・心臓疾患や精神疾患などを抱える労働者が増加していることや、医療技術の進歩によりこれまで予後不良とされてきた疾病の生存率が向上していることなどを背景に、治療をしながら仕事を続けることを希望する労働者のニーズが高くなってきています。特に近年、がん患者の方の就業継続の問題がクローズアップされています。
 しかしながら疾患を抱える労働者の多くは、働く意欲や能力があっても治療と仕事の両立をしにくく、就業を継続したり復職することが困難な状況にあります。
 事業主が疾患を抱える従業員の就業継続(治療と仕事の両立)に取り組む場合に活用できる支援策についてはこちらをご覧ください。

 優秀な人材を確保するためにも、事業主は、従業員が育児や介護を理由として離職することなく、就業を継続できるようにすることが重要です。
 このため法令で定められた育児・介護休業などの制度を利用しつつ、従業員が安心して働くことができる環境を整備する必要があります。
 事業主が仕事と家庭(育児・介護)の両立ができる職場づくりに取り組む場合に活用できる支援策についてはこちらをご覧ください。

PDFファイルを見るためには、Adobe Readerというソフトが必要です。Adobe Readerは無料で配布されていますので、左記のアイコンをクリックしてダウンロードしてください。

ホーム > 政策について > 分野別の政策一覧 > 雇用・労働 > 雇用 > 事業主の方へ 〜従業員を雇う場合のルールと支援策〜 > 従業員の職場定着・就業継続に対する支援策

ページの先頭へ戻る