ホーム > 政策について > 分野別の政策一覧 > 雇用・労働 > 雇用 > 事業主の方へ 〜従業員を雇う場合のルールと支援策〜 > 若年者の雇用

若年者の雇用

雇用する上でのルール

 若年者の雇用については次のようなルールがあります。

1.大学等卒業予定者の採用活動の方法と時期

 大学等卒業予定者の採用活動については、日本経団連の指針や大学等の申合せなどにより、一定の方法と時期が取り決められています。具体的には下記をご覧ください。

2.中学・高校卒業予定者の採用活動の方法と時期

 中学・高校卒業予定者の採用活動については、全国高等学校校長会、主要経済団体、文部科学省、厚生労働省の協議により、毎年度、一定の方法と時期が取り決められています。

3.青少年の雇用機会確保・職場定着に関する指針

 事業主は、青少年の募集・採用の方法の改善や、職業能力の開発・向上に関する措置等を講ずることにより、その雇用機会確保や職場定着を図り、青少年が能力を有効に発揮することができるように努めなければならないものとされています。(青少年の雇用の促進等に関する法律第4条)

 事業主が 雇用機会確保や職場定着を図る際に 必要とされる措置の具体的内容については、次の指針に定められています。

《指針の項目》

  • 第一 趣旨
  • 第二 事業主等が青少年の募集及び採用に当たって講ずべき措置
  • 一 労働関係法令等の遵守
  • (一)募集に当たって遵守すべき事項
  • (二)採用内定・労働契約締結に当たって遵守すべき事項等
  • 二 意欲・能力に応じた就職機会の提供等
  • (一)学校等の卒業者の取扱い
  • (二)学校等の新規卒業予定者に係る採用方法
  • (三)職業経験が少ない青少年等に対する就職機会の提供
  • (四)選考に当たってのいわゆるフリーター等に対する評価基準
  • (五)インターンシップ・職場体験の機会の提供
  • 第三 事業主が青少年の職場への定着促進のために講ずべき措置
  • 一 雇用管理の改善に係る措置
  • (一)能力・資質、キャリア形成等に係る情報明示
  • (二)不安定な雇用状態にある青少年の正社員登用等
  • (三)労働法制に関する基礎知識の付与
  • 二 職業能力の開発及び向上に係る措置
  • 第四 (略)

ページの先頭へ戻る

事業主が利用できる支援策

1.優良な中小企業の認定制度

青少年に関する雇用管理の状況が優良な中小企業については、厚生労働大臣により認定されます。認定のメリットや手続きはサイト内リンク こちら

2.「若者応援宣言」事業

 一定の労務管理の体制が整備され、35歳未満の若者を採用・育成するために、ハローワークに求人を提出し、通常の求人情報よりも詳細な企業情報・採用情報を公表する中小企業については、「若者応援宣言企業」として積極的にマッチングやPR等を行っています。

3.新卒応援ハローワークによる学卒者募集

   PDF 新卒応援ハローワーク [334KB] は 大学等の卒業予定者・既卒者 の就職を支援する専門のハローワークです。 就職希望者が数多くクラブ会員として登録しており、新卒応援ハローワークが提供するさまざまな就職支援サービスを活用して就職活動を行なっています。
  新卒応援ハローワークでは、事業主に対して、次のような別ウィンドウで開く 各種サービスを実施しています。

(1)求人情報の提供

 大学等の卒業予定者・既卒者を対象とした別ウィンドウで開く 求人を新卒応援ハローワークに申し込むことができます。
 申し込まれた求人は、全国各地の新卒応援ハローワーク内に設置された求人情報提供端末や、「別ウィンドウで開く ハローワークインターネットサービス」というサイトを通じて対象者に対して情報提供することができます。

 企業の特色や求める人材像、採用関係の最新情報等を、「大卒等就職情報web提供サービス」のサイトに掲載して就職活動中の対象者に伝えることができます。

 新卒応援ハローワークに登録してクラブ会員となっている大学等の卒業予定者・既卒者のうち、登録情報の公開を希望する者について、その学歴・経験・自己PR及び求職条件等の情報を「大卒等就職情報web提供サービス」のサイトで閲覧することができます。
 閲覧したクラブ会員の中で「ぜひ会ってみたい」というクラブ会員がいれば、新卒応援ハローワークを通じて企業からの面接希望があることをお伝えする「リクエスト」のサービスを利用することができます。

(4)若年者の採用に関する相談等

 新卒応援ハローワークでは、若年者の採用に関するさまざまな相談に応じています。 また、就職面接会などのイベントも開催しています。

4.若年者雇用の各種情報の提供

5.若年者雇用に関する助成金

  1. (1)若年人材育成コース
    採用後5年以内かつ35歳未満の若年労働者に対する職業訓練を行った場合に受けることができます。
  2. (2)認定実習併用職業訓練コース
    新たに雇い入れた45歳未満の若年労働者等に、原則、雇入れと同日に6ヶ月以上2年以下の職業訓練(職業実習(OJT)と座学(Off-JT))を行った場合に受けることができます。
  • ※そのほか若年者のうち非正規労働者である者について活用できるサイト内リンク 助成金もあります。
  • ※また、若年者を含む、職業訓練・技能・知識等から安定的な就職が困難な者を試行的に雇用する場合に活用できるサイト内リンク トライアル雇用奨励金もあります。

お問い合わせ先:

サイト内リンク 都道府県労働局 または サイト内リンク ハローワーク

ページの先頭へ戻る

お知らせ

求人申込用紙の様式変更

 新規大卒・高卒者用の求人をハローワークに申し込む際の PDF 様式 [470KB] が、平成25年3月卒業者分から変わりました。

ページの先頭へ戻る

PDFファイルを見るためには、Adobe Readerというソフトが必要です。Adobe Readerは無料で配布されていますので、左記のアイコンをクリックしてダウンロードしてください。

ホーム > 政策について > 分野別の政策一覧 > 雇用・労働 > 雇用 > 事業主の方へ 〜従業員を雇う場合のルールと支援策〜 > 若年者の雇用

ページの先頭へ戻る