ホーム > 政策について > 分野別の政策一覧 > 雇用・労働 > 人材開発 > 中小企業等担い手育成支援事業

中小企業等担い手育成支援事業

中小企業等担い手育成支援事業

 雇用情勢の改善傾向が続き、建設業、製造業では、人手不足感が強まっています。
 一方で、これらの業界は、一定のスキルを有する技能人材が必要とされていますが、人手不足の中で、技能人材の獲得は難しく、また、未経験者を採用しようとしても、中小企業においては、人材の育成に取り組むだけの人的余裕やノウハウがないため、人材の確保・育成に課題を抱えています。
 また、求職者にとっても、スキルの修得や安定した就労への不安感があり、中小企業への就職をためらう場合もあります。
 このため、業界が主体となって、労働者を新たに採用した中小企業に対し、技能修得のための訓練(3年以内の雇用型訓練)の実施を支援することにより、中小企業が実務経験や公的資格を身につけた人材を育成・確保することを目指す事業を実施します。
 なお、雇用型訓練を受けた者が、訓練を修了するなど一定の要件に該当する場合には、訓練時間に応じて、OFF-JT、OJTの賃金助成が受けられます。
※詳細はこちらをごらんください。

ページの先頭へ戻る

施策の紹介

実施地域の募集

最新の募集についてはこちらをご覧ください。

人材開発支援助成金 特別育成訓練コースについて

ページの先頭へ戻る


PDFファイルを見るためには、Adobe Readerというソフトが必要です。Adobe Readerは無料で配布されていますので、左記のアイコンをクリックしてダウンロードしてください。

担当:厚生労働省人材開発統括官付参事官(人材開発政策担当)付訓練企画室  代表 (03) 5253-1111 (内線5929、5963)

ホーム > 政策について > 分野別の政策一覧 > 雇用・労働 > 人材開発 > 中小企業等担い手育成支援事業

ページの先頭へ戻る