ホーム > 政策について > 分野別の政策一覧 > 健康・医療 > 健康 > 公衆衛生医師(保健所等医師)の確保 > 公衆衛生医師(保健所等医師)の確保について

公衆衛生医師(保健所等医師)の確保について

 全国の保健所等では多くの公衆衛生医師が地域保健に携わっています。公衆衛生医師は、患者の痛みをわかる医師であると同時に、地域の健康課題に疫学や行政の知識・能力を用いて対応することが出来ます。

保健所等の業務

 保健所等の業務は、都道府県型保健所、政令市型保健所、本庁(県庁等)で、次のように異なります。

○都道府県型の保健所では

 住民に身近なサービスとされる健康づくりや母子保健、生活習慣病対策やがん対策等の業務は市町村が主に行うため、都道府県型の保健所は、管内の市町村と協力して、関係機関(医療機関、医師会、歯科医師会等)と調整を行い、関係を構築して、食品衛生や感染症等の広域的業務、医事・薬事衛生や精神・難病対策等の専門的な業務や危機管理対策を行い、地域全体の住民の健康のレベルアップを図ります。

○政令市型の保健所では

 都道府県型の保健所が行う専門的、広域的な業務に加え、市区町村の業務とされている乳幼児検診等の母子保健事業、特定健診・特定保健指導等の生活習慣病対策、更に、がん対策等の住民に身近な直接的な事業を行い、より地域に密着して、地域全体の健康づくりを推進します。

○本庁では

 都道府県や政令市等の本庁(県庁等や市役所)では、各分野の企画調整機能を発揮し、それぞれの自治体全体の健康や保健衛生に関する計画づくりを行うとともに、予算の獲得や条例の制定等の業務を行います。

公衆衛生医師(保健所等医師)のキャリアパス

 都道府県や政令市等により、また、医師としての経験年数や年齢により対応が異なりますので、詳細は各自治体へお問い合わせ下さい。

(一般的な例)
◎勤務時間 : 週40時間、1日8時間、週休2日 8時30分〜17時45分や9時〜17時45分 など
◎年収(目安) : 医師免許取得後5年目で660万〜1200万円、 10年目で770万〜1300万円程度(その他、各種手当てが付きます)

公衆衛生医師確保推進登録事業

 保健所等がその機能を充分に発揮するためには、公衆衛生医師の確保が重要です。

 このため、厚生労働省健康局健康課公衆衛生医師確保推進室では、「サイト内リンク 公衆衛生医師確保推進登録事業」を行い、保健所等において公衆衛生に従事することを希望する医師(以下「希望医師」という。)の情報及び保健所等において公衆衛生に従事する医師を必要とする地方公共団体(以下「登録自治体」という。)の情報をそれぞれ登録していただき、希望医師及び登録自治体に対して、希望条件に合致する登録自治体及び希望医師についての情報提供を行っています。

公衆衛生医師確保に向けた取組事例集

 地方公共団体において、公衆衛生医師確保に向けた主体的かつ積極的な取組を進めるにあたり、参考としていただくために、当該取組の好事例をまとめましたので、情報提供いたします。

問い合わせ先

厚生労働省健康局健康課公衆衛生医師確保推進室
電話 03-5253-1111 内線 2335
FAX  03-3503-8563

PDFファイルを見るためには、Adobe Readerというソフトが必要です。Adobe Readerは無料で配布されていますので、左記のアイコンをクリックしてダウンロードしてください。

ホーム > 政策について > 分野別の政策一覧 > 健康・医療 > 健康 > 公衆衛生医師(保健所等医師)の確保 > 公衆衛生医師(保健所等医師)の確保について

ページの先頭へ戻る