ホーム > 政策について > 分野別の政策一覧 > 福祉・介護 > 障害者福祉 > 自殺対策

自殺対策

ページの先頭へ戻る

ページの先頭へ戻る

2 自殺総合対策推進センター

自殺総合対策の更なる推進を求める決議(平成 27 年6月2日参議院・厚生労働委員会)及び「自殺予防総合対策センターの今後の業務の在り方について」 (平成 27 年7月)を踏まえ、これまでの「自殺予防総合対策センター」を改組し、平成 28 年度より新たに「自殺総合対策推進センター」として、平成 28 年4月 1日に施行された改正自殺対策基本法の新しい理念と趣旨に基づき、学際的な観点から関係者が連携して自殺対策の PDCA サイクルに取り組むためのエビデ ンスの提供や、民間団体を含めた地域の自殺対策を支援していきます。

ページの先頭へ戻る

ページの先頭へ戻る

ページの先頭へ戻る

ページの先頭へ戻る

ページの先頭へ戻る

ページの先頭へ戻る

8 関連リンク

ページの先頭へ戻る

9 自殺の統計

(1)統計の種類について

このコーナーでは、自殺の統計として「警察庁の自殺統計原票を集計した結果(自殺統計)」と「厚生労働省の人口動態統計」の2つを掲載しています。
 「自殺統計」と「人口動態統計」では、以下のとおり調査対象等に違いがあります。

1)調査対象の差異
「自殺統計」は、総人口(日本における外国人も含む)を対象としているのに対し、「人口動態統計」は日本における日本人を対象としています。

2)調査時点の差異
「自殺統計」は、発見地を基に自殺死体発見時点(正確には認知)で計上しているのに対し、「人口動態統計」は住所地を基に死亡時点で計上しています。

3)事務手続き上(訂正報告)の差異
「自殺統計」は、捜査等により、自殺であると判明した時点で、自殺統計原票を作成し、計上しているのに対し、「人口動態統計」は自殺、他殺あるいは事故死のいずれか不明のときは自殺以外で処理しており、死亡診断書等について作成者から自殺の旨訂正報告がない場合は、自殺に計上していません。

(2)自殺統計に基づく自殺者

警察庁から提供を受けた自殺統計原票データに基づいて、厚生労働省が毎月集計を行い、概要資料及び詳細資料を掲載しています。
なお、最新の月別の数値は、翌月に暫定値を掲載し、最新の年別の数値は、翌年の3月頃に確定値を掲載しています。

(3)人口動態統計に基づく自殺者数

厚生労働省統計情報部の「人口動態統計月報(概数)」を基に、自殺対策推進室が集計を行って作成した概要資料を掲載しています。

ページの先頭へ戻る


施策に関連のサイト


PDFファイルを見るためには、Adobe Readerというソフトが必要です。Adobe Readerは無料で配布されていますので、左記のアイコンをクリックしてダウンロードしてください。

ホーム > 政策について > 分野別の政策一覧 > 福祉・介護 > 障害者福祉 > 自殺対策

ページの先頭へ戻る