ホーム > 政策について > 分野別の政策一覧 > 福祉・介護 > 障害者福祉 > ヘルプマークのJIS(案内用図記号)への追加について

ヘルプマークのJIS(案内用図記号)への追加について

ヘルプマークのJIS(案内用図記号)への追加について

 ヘルプマークは、東京都が「義足や人工関節を使用している方、内部障害や難病の方、または妊娠初期の方など、外見から分からなくても援助や配慮を必要としている方々が、周囲の方に配慮を必要としていることを知らせることで、援助を得やすくなるよう、作成したマーク」です。
 平成29年7月20日に、経済産業省において、2020年の東京オリンピック・パラリンピックに向け、日本人だけでなく外国人観光客にもより分かりやすい案内用図記号とすることを目的に、案内用図記号(JIS Z8210)の規格が見直され、その中に「ヘルプマーク」が追加されました。
 配慮や支援を必要とする方々を示す記号として、今後ヘルプマークが今以上に活用されていくこととなります。
 ヘルプマークを身に着けた方を見かけた場合は、電車・バス内で席をゆずる、困っているようであれば声をかける等、思いやりのある行動をお願いします。

ページの先頭へ戻る

ページの先頭へ戻る


ホーム > 政策について > 分野別の政策一覧 > 福祉・介護 > 障害者福祉 > ヘルプマークのJIS(案内用図記号)への追加について

ページの先頭へ戻る