ホーム > 政策について > 分野別の政策一覧 > 福祉・介護 > 生活保護・福祉一般 > 「臨時福祉給付金(経済対策分)」(簡素な給付措置)

「臨時福祉給付金(経済対策分)」(簡素な給付措置)

「臨時福祉給付金(経済対策分)」(簡素な給付措置)の概要

「臨時福祉給付金(経済対策分)」(簡素な給付措置)とは

 平成26年4月の消費税率の引上げによる影響を緩和するため、低所得者に対して、制度的な対応を行うまでの間の、暫定的・臨時的な措置として、「臨時福祉給付金(経済対策分)」(簡素な給付措置)を支給するものです。

支給対象者

 平成28年度臨時福祉給付金(3千円)の支給対象者の方です。
 ※ 平成28年度臨時福祉給付金(3千円)を実際に受給したか否かは問いません。

 ※ 「平成28年度臨時福祉給付金(3千円)の支給対象者」とは、平成28年度分の住民税が課税されていない方です。
   (ただし、住民税において課税者の扶養親族等になっている方や、生活保護の受給者である方などは除きます。)

支給額

 支給対象者1人につき 1万5千円

申請手続

 申請先は、基準日(平成28年1月1日)において住民票がある市町村となります。
 申請受付期間や申請方法については、各市町村によって異なります。
 各市町村の申請受付期間は、給付金の特設ホームページで確認できます。 

配偶者からの暴力を理由に避難している方への支援(簡素な給付措置)

特設ホームページ

厚生労働省の相談窓口(専用ダイヤル)

電話番号 0570−037−192 (オー!みないいきゅうふ)
運営時間 午前9時〜午後6時(土日祝も開設。ただし、12月18日以降は平日のみ。)

ページの先頭へ戻る


PDFファイルを見るためには、Adobe Readerというソフトが必要です。Adobe Readerは無料で配布されていますので、左記のアイコンをクリックしてダウンロードしてください。

ホーム > 政策について > 分野別の政策一覧 > 福祉・介護 > 生活保護・福祉一般 > 「臨時福祉給付金(経済対策分)」(簡素な給付措置)

ページの先頭へ戻る