ホーム > 政策について > 分野別の政策一覧 > 雇用・労働 > 労働基準 > 安全・衛生 > 職場における化学物質対策について > 【化学物質】簡易リスクアセスメント手法セミナー 〜検知管を用いた方法を中心に〜

【化学物質】簡易リスクアセスメント手法セミナー 〜検知管を用いた方法を中心に〜

(平成28年度化学物質取扱作業の簡易リスクアセスメント手法開発・改良事業)

労働安全衛生法の改正により、平成28年6月1日から化学物質のリスクアセスメントが事業者の義務となりました。
化学物質に係るリスクアセスメントの手法は様々なものがありますが、本セミナーでは、労働安全衛生法の改正とリスクアセスメント手法の概要について簡単に解説をするとともに、検知管を用いて簡易にリスクアセスメントを実施する方法について解説します。
また厚生労働省にて昨年度作成した「爆発・火災等のリスクアセスメントのためのスクリーニング支援ツール」のWebシステムのデモンストレーションも併せて実施する予定です。
この機会に是非ご参加ください。
ご参加を希望される方は、みずほ情報総研株式会社ホームページからお申し込みください。

開催日程
平成29年1月18日(水) 名古屋会場
平成29年1月24日(火) 仙台会場
平成29年1月26日(木) 広島会場
平成29年1月27日(金) 福岡会場
平成29年1月30日(月) 東京会場
平成29年2月1日(水) 東京会場
平成29年2月7日(火) 大阪会場

(※) 本セミナーは、厚生労働省から、みずほ情報総研株式会社に委託して実施しております。
    参加は無料です。

お問い合わせ先

みずほ情報総研株式会社
環境エネルギー第1部 セミナー事務局(担当:廣田、後藤、貴志)
E-mail: kenchikan@mizuho-ir.co.jp

ホーム > 政策について > 分野別の政策一覧 > 雇用・労働 > 労働基準 > 安全・衛生 > 職場における化学物質対策について > 【化学物質】簡易リスクアセスメント手法セミナー 〜検知管を用いた方法を中心に〜

ページの先頭へ戻る