ホーム > 政策について > 分野別の政策一覧 > 健康・医療 > 医療 > 医療の国際展開 > 医療通訳等の配置及び院内資料の多言語化等の整備事業を実施する医療機関の公募結果について

医療通訳等の配置及び院内資料の多言語化等の整備事業を実施する医療機関の公募結果について
(平成28年度 医療機関における外国人患者受入れ環境整備事業)


 〜  医療機関における外国人患者受入れ環境整備事業における医療通訳等の配置及び院内資料の多言語化等の整備を行う医療機関 が選定されました 〜

厚生労働省では、医療機関が外国人患者を受け入れるにあたって、医療通訳・外国人向け医療コーディネーターの配置促進及び
院内資料、案内表示の多言語化等の整備により外国人患者を受け入れる体制を整備することを目的として、医療機関における
外国人患者受入れ環境整備事業を進めています。


今般、本事業の実施団体である一般財団法人日本医療教育財団(法人番号:301005003580)において医療通訳等の配置医療機関及び
院内資料、案内表示の多言語化等の整備事業の公募が平成28年6月15日から7月13日まで行われ、今般、
 ・ 医療通訳等の配置事業実施団体として24医療機関
 ・ 案内表示の多言語化等の整備事業実施団体として12医療機関
が選定されましたので、以下の一般財団法人日本医療教育財団のホームページへのリンク(公募結果)をご覧ください。

また、医療通訳等の配置医療機関及び院内資料、案内表示の多言語化等の整備事業の公募(二次募集)を開始しておりますので、
こちらも併せて一般財団法人日本医療教育財団のホームページ(二次募集)をご覧ください。

公募期間は平成28年7月22日から8月24日までです。

ホーム > 政策について > 分野別の政策一覧 > 健康・医療 > 医療 > 医療の国際展開 > 医療通訳等の配置及び院内資料の多言語化等の整備事業を実施する医療機関の公募結果について

ページの先頭へ戻る