ホーム > 報道・広報 > 報道発表資料 > 2011年12月 > 平成22年度厚生年金保険・国民年金事業の概況について



平成23年12月19日

年金局事業企画課調査室

室        長  真鍋(3533)

調査分析専門官 武井(3585)

主        査  長田(3586)

(代表番号) 03(5253)1111

(直通番号) 03(3595)2794

報道関係者各位


平成22年度厚生年金保険・国民年金事業の概況について


厚生労働省では、平成22年度の厚生年金保険・国民年金事業の概況を、今般とりまとめましたので公表いたします。


【事業の概況のポイント】

<公的年金制度>
○ 加入者数は、平成22年度末現在で6,826万人となっており、前年度末に比べ48万人(0.7%)減少している。
○ 受給者数(延人数)は、平成22年度末現在で6,188万人となっており、前年度末に比べ200万人(3.3%)増加している。また、年金総額は、平成22年度末現在で51兆1千億円となっている。
○ 重複のない公的年金の実受給権者数は、3,796万人(福祉年金受給権者を含む。)であり、前年度末に比べ93万人(2.5%)増加している。

<厚生年金保険>
○ 被保険者数は、平成22年度末現在で3,441万人となっており、前年度末に比べて16万人(0.5%)増加している。平成22年度においては、標準賞与額は増加したものの、標準報酬月額が低下したため、一人当たり標準報酬額は減少している。
○ 受給者数は、平成22年度末現在で2,943万人となっており、前年度末に比べ129万人(4.6%)増加している。また、老齢年金の平均年金月額は15万3千円となっている。

<国民年金>
○ 第1号被保険者数(任意加入被保険者を含む。)は、平成22年度末現在で 1,938万人となっており、前年度末に比べて47万人(2.4%)減少している。
○ 第3号被保険者数は、平成22年度末現在で1,005万人となっており、前年度末に比べて16万人(1.6%)減少している。
○ 受給者数は、平成22年度末現在で2,834万人となっており、前年度末に比べ56万人(2.0%)増加している。また、老齢年金の平均年金月額は、5万5千円となっている。

PDFファイルを見るためには、Adobe Readerというソフトが必要です。Adobe Readerは無料で配布されていますので、左記のアイコンをクリックしてダウンロードしてください。

厚生労働省携帯サイト

携帯版ホームページでは、緊急情報や厚生労働省のご案内などを掲載しています。

ホーム > 報道・広報 > 報道発表資料 > 2011年12月 > 平成22年度厚生年金保険・国民年金事業の概況について

ページの先頭へ戻る