ホーム > 報道・広報 > 報道発表資料 > 2011年5月 > 「『日本はひとつ』しごとプロジェクト」のシンボルマークが決定しました



平成23年5月24日

【照会先】

職業安定局 雇用政策課

    企 画 官     宮本 悦子

    (担 当)       杉山 哲也

(代表電話) 03(5253)1111(内線5732)

(直通電話) 03(3502)6770

報道関係者各位


「『日本はひとつ』しごとプロジェクト」のシンボルマークが決定しました


 このたび、「被災者等就労支援・雇用創出推進会議(座長:小宮山洋子厚生労働副大臣)」で推進する「『日本はひとつ』しごとプロジェクト」のシンボルマークが決定しました。
 「日本はひとつ」しごとプロジェクトは、フェーズ1、フェーズ2の実施に取り組んでいますが、この取組をさらに効果的なものとするため、シンボルマークを作成し、プロジェクトの周知を進めます。


                   【「『日本はひとつ』しごとプロジェクト」のシンボルマーク】

マークの趣旨

 仕事(WORK)の頭文字「W」をモチーフに人が手をつないでいる様子を描いており、みんなが力を合わせ協力し合う日本をイメージし、被災された方を支える本プロジェクトを表現しています。

   

  
■ 「日本はひとつ」しごとプロジェクトのシンボルマークの活用について
1 趣旨

 東日本大震災で被災された方々の就労支援、雇用創出を促進するため、「被災者等就労支援・雇用創出会議」では、「日本はひとつ」しごとプロジェクト フェーズ1、フェーズ2をとりまとめ、その実施に取り組んでいるが、この取組を効果的なものとするためには、「日本はひとつ」しごとプロジェクトを広く国民の皆様に周知し、理解していただく必要がある。
 このため、シンボルマークを作成し、「日本はひとつ」しごとプロジェクトの国民の皆様への一層の周知を進める。

2 活用目的

 (1) マークの趣旨に基づいた場合に使用できること。
 (2) ただし、次の場合には、マークを使用できないこと。
     ・独占的又は営利目的への使用。
     ・マークの制作趣旨に反するなど著しく不適当と認められる使用。

3 著作権等

 (1)マークの著作権等の一切の権利は、厚生労働省に帰属すること。
 (2)マークは厚生労働省ホームページに掲載し、自由に使用できること。

4 色・形等

 (1)カラーで使用する場合には色は変えないこと。
 (2)拡大又は縮小して使用できること。ただし、マークを変形しないこと。

5 その他

PDFファイルを見るためには、Adobe Readerというソフトが必要です。Adobe Readerは無料で配布されていますので、左記のアイコンをクリックしてダウンロードしてください。

厚生労働省携帯サイト

携帯版ホームページでは、緊急情報や厚生労働省のご案内などを掲載しています。

ホーム > 報道・広報 > 報道発表資料 > 2011年5月 > 「『日本はひとつ』しごとプロジェクト」のシンボルマークが決定しました

ページの先頭へ戻る