ホーム > 報道・広報 > 報道発表資料 > 2010年9月 > 2010年度大内賞(統計界の最高栄誉)受賞者の決定について



平成22年9月17日

大臣官房統計情報部

企画課普及相談室長 白井 正夫

企画課普及相談室 普及係(7682)

(電話代表) 03(5253)1111

(タ゛イヤルイン) 03(3595)2410

2010年度大内賞(統計界の最高栄誉)受賞者の決定について

〜厚生労働分野で大橋正氏が受賞〜


1.大内賞は、戦後のわが国の統計再建に政府の統計委員会委員長として尽力された大内兵衞博士の業績を記念して、1953年に設けられたもので統計界の最高栄誉とされています。

2.2010年度の受賞者は、大内賞委員会(委員長 樋口美雄 統計委員会委員長)にて選考が行われ、元厚生労働省大臣官房統計情報部社会統計課国民生活基礎調査室長の大橋 正(おおはし ただし)氏が、他の4名と共に決定されました。厚生労働分野からは、7年ぶりの受賞者となります。


PDFファイルを見るためには、Adobe Readerというソフトが必要です。Adobe Readerは無料で配布されていますので、左記のアイコンをクリックしてダウンロードしてください。

厚生労働省携帯サイト

携帯版ホームページでは、緊急情報や厚生労働省のご案内などを掲載しています。

ホーム > 報道・広報 > 報道発表資料 > 2010年9月 > 2010年度大内賞(統計界の最高栄誉)受賞者の決定について

ページの先頭へ戻る