ホーム > 報道・広報 > 報道発表資料 > 2016年9月 > 従業員のキャリア形成を促進・支援する総合的な取組を多くの企業に広めるため、10月に東京・大阪で「セルフ・キャリアドック導入支援セミナー」を開催します



平成28年9月9日

【照会先】

職業能力開発局 キャリア形成支援課

課長              伊藤 正史

課長補佐             東良 史絵

代表電話  03(5253)1111(内線5372)

直通電話 03(3502)8931

報道関係者各位


従業員のキャリア形成を促進・支援する総合的な取組を多くの企業に広めるため、10月に東京・大阪で「セルフ・キャリアドック導入支援セミナー」を開催します

〜同時に、「セルフ・キャリアドック」の導入モデルとなる企業を募集〜

 厚生労働省は、従業員の主体的なキャリア形成を促進・支援する総合的な取組である「セルフ・キャリアドック」を多くの企業に広めるため、「セルフ・キャリアドック導入支援セミナ−」を、10月11日に東京、17日に大阪で、開催します。

セルフ・キャリアドック とは、企業の人材育成ビジョンに基づき、年齢、就業年数、役職など従業員のキャリアの節目をとらえ、定期的にコンサルティングを受ける機会を整備することなどにより、従業員のキャリア形成を促進・支援する企業内の総合的な取組です。 従業員の仕事に対するモチベーションアップや定着率の向上 などにより、 企業の生産性向上にも寄与 することが期待されます。

 また、 「セルフ・キャリアドック」の導入モデルとなる企業(モデル企業) について、 10月21日(金)までの期間 「セルフ・キャリアドック導入支援ホ−ムペ−ジ」で募集します。 厚生労働省委託事業として実施する、有識者からなる「セルフ・キャリアドック導入支援事業推進委員会」での検討結果を踏まえ、業種、地域、企業規模のバランスなどをみて選定します。

 厚生労働省では、選定した企業からの事例報告をふまえて、平成30年3月までに導入モデルの構築を行い、企業、キャリアコンサルタントのためのマニュアルなどをとりまとめ、「セルフ・キャリアドック導入支援事業実施報告書」などで事例を発表する予定です。

■「セルフ・キャリアドック」と「キャリアドック」は、厚生労働省が商標登録しています。なお、「キャリアドック」については、平成28年3月まで株式会社日本マンパワーが商標登録していましたが、厚生労働省の「セルフ・キャリアドック」推進の趣旨にご賛同いただき、類似名称である「キャリアドック」の商標登録を譲渡していただいています。


【セルフ・キャリアドック導入支援セミナーの開催概要】

<東京開催>
 日時:平成28年10月11日(火)14:00〜16:30(開場 13:30)
 会場:ベルサール神保町アネックス
     (東京都千代田区神保町2-36-1住友不動産千代田ファーストウィング1階)
 内容:1 基調講演「社員の元気を育む〜元気を育むキャリアコンサルティング〜」
         慶應義塾大学 名誉教授                      花田 光世 氏
     2 パネルディスカッション「セルフ・キャリアドックの推進に向けて」
         慶應義塾大学 名誉教授                           花田 光世 氏
         独立行政法人 労働政策研究・研修機構 主任研究員     下村 英雄 氏
         住友商事株式会社 人材・総務・法務担当役員付
           兼 住商アドミサービス株式会社 代表取締役社長    岡田 常之 氏
         厚生労働省 職業能力開発局 キャリア形成支援課長     伊藤 正史
 定員:先着200人

<大阪開催>
 日時:平成28年10月17日(月)13:00〜15:30(開場 12:30)
 会場:ブリーゼプラザ 小ホール
     (大阪府大阪市北区梅田2-4-9ブリーゼタワー7階)
 内容:1 基調講演「社員の元気を育む〜元気を育むキャリアコンサルティング〜」
         慶應義塾大学 名誉教授                      花田 光世 氏
       2 パネルディスカッション「セルフ・キャリアドックの推進に向けて」
         慶應義塾大学 名誉教授                      花田 光世 氏
         神戸大学大学院 経営学研究科教授               平野 光俊 氏
         アスビオファーマ株式会社 事業管理ファンクション長     吉田 善実 氏
         厚生労働省 職業能力開発局 キャリア形成支援課長補佐 東良 史絵
定員:先着200人
申込方法:東京・大阪ともにセルフ・キャリアドック導入支援ホームページをご参照ください。
               http://selfcareerdock.mhlw.go.jp

【「セルフ・キャリアドック」導入モデル企業の募集概要】

[応募条件]
セルフ・キャリアドック導入支援事業のモデル企業は、以下の4点について、既にすべて備えているか、または、この事業の実施期間中に整備する見込みがあることが条件となります。
(詳しくは、下記ホ−ムペ−ジの応募フォ−ムをご参照ください)
(1) 企業の経営課題に即した人材育成ビジョンを明らかにすること。
(2) 企業内のキャリアコンサルティングができる経験・能力を備えたキャリアコンサルタントなど(※)を置くこと。
(3) 企業内部において、年齢・就業年数・役職昇進などの節目において、定期的にキャリアコンサルティングを受ける機会を、従業員に付与すること。
(4) 上記(1)から(3)の条件を備えたセルフ・キャリアドックの実施を社内制度として規定に整備すること。

※中小企業は、この事業の実施期間内に限り、キャリアコンサルタントの派遣を事業事務局に要請することができます。

[募集期間]
 平成28年9月9日(金)〜10月21日(金)

[応募方法]
 「セルフ・キャリアドック導入支援ホ−ムペ−ジ」応募フォ−ムから受け付けます。
    http://selfcareerdock.mhlw.go.jp

【お問い合わせ先】
セルフ・キャリアドック導入支援事業事務局(委託先:株式会社セントメディア)
http://selfcareerdock.mhlw.go.jp

PDFファイルを見るためには、Adobe Readerというソフトが必要です。Adobe Readerは無料で配布されていますので、左記のアイコンをクリックしてダウンロードしてください。

厚生労働省携帯サイト

携帯版ホームページでは、緊急情報や厚生労働省のご案内などを掲載しています。

ホーム > 報道・広報 > 報道発表資料 > 2016年9月 > 従業員のキャリア形成を促進・支援する総合的な取組を多くの企業に広めるため、10月に東京・大阪で「セルフ・キャリアドック導入支援セミナー」を開催します

ページの先頭へ戻る