ホーム > 報道・広報 > 報道発表資料 > 2018年5月 > 日・チェコ社会保障協定改正議定書の発効について



平成30年5月17日

【照会先】

年金局国際年金課

課長補佐 小林 (3349)

担当 小嶋、野田 (3318、3633)

(電話代表) 03(5253)1111

(直通) 03(3595)2863

(FAX) 03(3504)1240

報道関係者各位


日・チェコ社会保障協定改正議定書の発効について

 

 

1 5月16日(現地時間同日)、「 社会保障に関する日本国とチェコ共和国との間の協定を改正する議定書 日・チェコ社会保障協定改正議定書 )」(平成29年2月1日署名)の効力発生のための外交上の公文の交換がプラハで行われました。これにより、この改正議定書は本年8月1日に発効します。

2  この改正議定書は、平成21年(2009年)に発効した現行協定の一部を改正するものであり、一時派遣被用者 (企業駐在員等) の範囲を明確化することにより、保険料の二重払いの解消を強化するとともに、日本の被用者年金一元化法を踏まえた改正を行うものです。

3 この改正議定書が発効することにより、日・チェコ両国の人的・経済的交流が一層促進されることが期待されます。

 

 

【参考】在チェコ 人数(永住者除く)1,639名(うち民間企業関係者1,059名)(平成28年10月現在)

厚生労働省携帯サイト

携帯版ホームページでは、緊急情報や厚生労働省のご案内などを掲載しています。

ホーム > 報道・広報 > 報道発表資料 > 2018年5月 > 日・チェコ社会保障協定改正議定書の発効について

ページの先頭へ戻る