ホーム > 報道・広報 > 報道発表資料 > 2017年3月 > 昭和館で特別企画展を3月11日から開催



平成29年3月6日

【照会先】

社会・援護局援護企画課

課長補佐 柴 智子 (3411)

施設指導係長 谷山 里之 (3413)

(代表) 003(5253)1111

(直通) 03(3595)2235

報道関係者各位


昭和館で特別企画展を3月11日から開催

「ポスターに描かれた昭和〜高橋春人の仕事〜」

昭和館(東京・九段)では、3月11日(土)から、特別企画展「ポスターに描かれた昭和〜高橋春人の仕事〜」 を開催します

昭和館は、戦没者遺族をはじめ国民が経験した戦中・戦後の労苦を次の世代に伝えていくための国立の施設です。

今回の企画展では、戦中・戦後に多くの公共ポスターを手がけた公共広報デザインの第一人者、高橋春人の足跡をその作品とともにたどりながら、時代の移り変わりや、そこから垣間見える人々の生活をご紹介します。

絵画やグラフィックデザイン、評論など幅広い分野で活躍した春人の略歴から、戦中の国民貯蓄運動や国民総蹶起(けっき)運動のポスター、戦後の焼け跡のスケッチ、引揚・戦災孤児援護や生活保護法ポスター、パラリンピック招致ポスターなど、ご遺族から寄贈を受けたコレクションを中心に、写真や関連資料など約230点を展示します。

期間中は、大道芸、ちんどん屋の実演など昭和の体験イベントや展示資料の解説も予定しています。詳細は、別添の「特別企画展のご案内」をご参照ください。

 

○特別企画展概要

 ・ テーマ 「ポスターに描かれた昭和〜高橋春人の仕事〜」

 ・ 開催期間 平成29年3月11日(土)から5月7日(日)まで

10:0017:30(入館は17:00まで) 

 ・ 開催場所 昭和館3階 特別企画展 会場

東京都千代田区九段南1--1 

地下鉄「九段下」駅出口4から徒歩1分

休館日   毎週月曜日(3月20日は開館、翌21日は休館)

入場料  無料 (常設展示室は高校生以上有料)

 

 

 


PDFファイルを見るためには、Adobe Readerというソフトが必要です。Adobe Readerは無料で配布されていますので、左記のアイコンをクリックしてダウンロードしてください。

厚生労働省携帯サイト

携帯版ホームページでは、緊急情報や厚生労働省のご案内などを掲載しています。

ホーム > 報道・広報 > 報道発表資料 > 2017年3月 > 昭和館で特別企画展を3月11日から開催

ページの先頭へ戻る