ホーム > 報道・広報 > 報道発表資料 > 2016年1月 > 宿泊型新保健指導(スマート・ライフ・ステイ)試行事業最終報告会の開催について



平成28年1月28日

【照会先】

厚生労働省健康局健康課

      小貫・黒木・鈴木 (内線2335)

(代表) 03−5253−1111

(直通) 03−3595−2190

報道関係者各位


宿泊型新保健指導(スマート・ライフ・ステイ)試行事業最終報告会の開催について

厚生労働省では、生活習慣病を効果的に予防することを目的に、糖尿病が疑われる者等を対象として、ホテル、旅館等の宿泊施設や地元観光資源等を活用して保健師、管理栄養士、健康運動指導士等が多職種で連携し、従来の保健指導よりも効果の高い保健指導を目指す「宿泊型新保健指導(スマート・ライフ・ステイ)プログラム」を開発し、本年度においては、本プログラムの効果検証を行う「宿泊型新保健指導試行事業」を実施いたしました。

今般、下記最終報告会を開催し、当該試行事業者より取組内容を報告することとしましたので、お知らせいたします。

 



1.日 時  平成28年2月9日(火) 13:15〜16:30

2.場 所  厚生労働省 21階 専用第15・16会議室 
        (東京都千代田区霞が関1−2−2) 

3.内 容  「宿泊型新保健指導試行事業」最終報告会

4.傍聴希望者の申込方法

2月4日(木) 12:00(必着)までに、氏名(ふりがな)、住所、電話番号、FAX番号、メールアドレス、職・所属(企業、団体等)など を別紙の申込様式に明記の上、

  ● FAX  ・・・ 03−3503−8563  または

 

  ● E-mail ・・・  hokenshidoushitu@mhlw.go.jp

 により事務局宛にお申し込みください。

 

5.傍聴手続き

 希望者が多数の場合は、抽選により傍聴できる方を選定することといたしますので御了承ください。

 また、抽選で外れた方については、2月5日までに御連絡させていただきます。

 なお、同一の所属先(企業、団体等)の方が複数名おられる場合には、抽選の前に調整させていただく場合がございます。

 

6.事務局

  厚生労働省健康局健康課

  電話番号 03−5253−1111(内線2335)

【留意事項】

以下の事項を守らない場合は、退場していただくことがあります。

1.携帯電話等音の出る機器については、電源を切るか、マナーモードに設定して下さい。

2.最終報告会の模様は、報道による取材、撮影のほか、後日、厚生労働省ホームページや広報誌などへの掲載(写真)を予定していますので、あらかじめ御了承ください。

3.傍聴中、飲食及び喫煙は御遠慮ください。

4.その他、事務局職員の指示に従ってください。

PDFファイルを見るためには、Adobe Readerというソフトが必要です。Adobe Readerは無料で配布されていますので、左記のアイコンをクリックしてダウンロードしてください。

厚生労働省携帯サイト

携帯版ホームページでは、緊急情報や厚生労働省のご案内などを掲載しています。

ホーム > 報道・広報 > 報道発表資料 > 2016年1月 > 宿泊型新保健指導(スマート・ライフ・ステイ)試行事業最終報告会の開催について

ページの先頭へ戻る