ホーム > 報道・広報 > 報道発表資料 > 2015年9月 > 地域の行事と連動した年次有給休暇の取得を促進します



平成27年9月11日

【照会先】

労働基準局労働条件政策課

課長 村山 誠

課長補佐 川又 修司

課長補佐 中村 玲子

(代表電話) 03(5253)1111(内線5391)

報道関係者各位


地域の行事と連動した年次有給休暇の取得を促進します

〜ワーク・ライフ・バランスの実現に向けて、10月に熊本県人吉市と愛媛県新居浜市で取組を実施〜

厚生労働省では、このたび、地方自治体などと連携を図りながら、地域における休暇取得促進の働きかけを行う「地域の特性を活かした休暇取得促進のための環境整備事業」を、昨年に引き続き熊本県人吉市と愛媛県新居浜市で実施します。

この事業は、国全体で取り組むワーク・ライフ・バランス実現のための「仕事と生活の調和(ワーク・ライフ・バランス)憲章」などを踏まえて行うもので 、地域のイベントや小中学校などの学校休業日(以下「重点実施日」)に合わせて、休暇の取得を促進するための働きかけを行います。今年度は8月に、静岡県と静岡県島田市・川根本町でも実施しています。

昨年度、この事業を実施した熊本県人吉市では事業場の50%が、愛媛県新居浜市では事業場の約70%が、重点実施日の年次有給休暇の取得促進に向けて、事業場を一斉休業としたり、従業員に休暇取得を奨励したりするなど何らかの取組を行ったところです。(別添3−1,3−2参照)

今年度、熊本県人吉市では、国宝 青井阿蘇神社で行われる人吉球磨地方最大の秋祭り「おくんち祭」に合わせて小中学校などが学校休業日となる10月9日(金)を重点実施日とします。また、愛媛県新居浜市では、四国三大祭りの一つと数えられ、金糸銀糸に彩られた50台以上の絢爛豪華な「太鼓台」と呼ばれる山車が練り歩く「新居浜太鼓祭り」に合わせて1015日(木)〜18日(日)を重点実施日として、年次有給休暇の取得を促進するための取組を実施します。


[取組概要]

(1)ポスター、リーフレットや地元ラジオ番組の放送などによる周知・啓発

(2)労務管理の専門家が地域の事業場を訪問し、重点実施日の休暇取得に向けた働きかけを実施 実施

PDFファイルを見るためには、Adobe Readerというソフトが必要です。Adobe Readerは無料で配布されていますので、左記のアイコンをクリックしてダウンロードしてください。

厚生労働省携帯サイト

携帯版ホームページでは、緊急情報や厚生労働省のご案内などを掲載しています。

ホーム > 報道・広報 > 報道発表資料 > 2015年9月 > 地域の行事と連動した年次有給休暇の取得を促進します

ページの先頭へ戻る