ホーム > 報道・広報 > 報道発表資料 > 2015年5月 > パラオ共和国における戦没者遺骨収集帰還事業の実施について



平成27年5月29日

【照会先】

社会・援護局事業課事業推進室

室長補佐 岩楯 信和 (内線3415)

室長補佐 佐藤  宏 (内線3457)

(代表番号) 03-5253-1111

(直通番号) 03-3595-2469

パラオ共和国における戦没者遺骨収集帰還事業の実施について

パラオ共和国において、未開口の壕の探索など戦没者の御遺骨の調査を実施することとなりましたので、お知らせします。

また、本年3月に同国ペリリュー島の通称:イワマツ壕において収容した推定6柱の御遺骨については、人類学の専門家による人種鑑定を行い、日本人戦没者の御遺骨と確認できた場合、派遣団により、御帰還することとなります。

 1.派遣期間 : 平成27年6月16日(火)から6月24日(水)まで(別紙1)

 2.実施地域 : パラオ共和国(別紙2)

 3.派 遣 者   : 5名(厚生労働省職員3名、民間協力者2名)

PDFファイルを見るためには、Adobe Readerというソフトが必要です。Adobe Readerは無料で配布されていますので、左記のアイコンをクリックしてダウンロードしてください。

厚生労働省携帯サイト

携帯版ホームページでは、緊急情報や厚生労働省のご案内などを掲載しています。

ホーム > 報道・広報 > 報道発表資料 > 2015年5月 > パラオ共和国における戦没者遺骨収集帰還事業の実施について

ページの先頭へ戻る