ホーム > 報道・広報 > 報道発表資料 > 2013年12月 > 中国残留邦人等への理解を深めるシンポジウムを開催します                        (平成26年2月8日(土)、仙台市)



平成25年12月2日

【照会先】

社会・援護局援護企画課

中国残留邦人等支援室

室長補佐 佐藤   宏 (内線3417)

班   長 宇口 良子 (内線3467)

(代表電話) 03−5253−1111

(直通電話) 03−3595−2456

中国残留邦人等への理解を深めるシンポジウムを開催します                        (平成26年2月8日(土)、仙台市)






  厚生労働省では、永住帰国した中国残留邦人等の方々の老後の生活の安定のため、様々な取組を進めています。
 この度、地域社会での支援の要となる地域住民の皆様に中国残留邦人等の方々への理解を深めていただくとともに、次代を担う若者に中国残留邦人等の方々の経験を語り継ぐことを目的に、下記のとおり「中国残留邦人等への理解を深めるシンポジウム」を開催します。



                                                記


1 主催 厚生労働省

2 後援 宮城県、宮城県教育委員会  
      仙台市、仙台市教育委員会

3 開催日時及び会場
  平成26年2月8日(土)13:00〜17:00
  太白区文化センター「楽楽楽ホール」(仙台市太白区長町5丁目3−2)

4 参加申込方法 
  別添リーフレット若しくはシンポジウムホームページをご覧ください。

※ 本事業について取材を行う際には、以下に連絡願います。
   「中国残留邦人等への理解を深めるシンポジウム」事務局 TEL:03−3518−9755              















本シンポジウムは終了しました。
当日の模様は、

サイト内リンク フォトレポート
別ウィンドウで開く YouTube動画チャンネル

をご覧ください。

PDFファイルを見るためには、Adobe Readerというソフトが必要です。Adobe Readerは無料で配布されていますので、左記のアイコンをクリックしてダウンロードしてください。

厚生労働省携帯サイト

携帯版ホームページでは、緊急情報や厚生労働省のご案内などを掲載しています。

ホーム > 報道・広報 > 報道発表資料 > 2013年12月 > 中国残留邦人等への理解を深めるシンポジウムを開催します                        (平成26年2月8日(土)、仙台市)

ページの先頭へ戻る