二十一世紀における第二次国民健康づくり運動

健康日本21(第二次)分析評価事業

国民健康・栄養調査

平成24年 国民健康・栄養調査結果について

平成24年国民健康・栄養調査の重点項目は,平成9年以降、5年ごとに行っている糖尿病有病者等の推計人数と体格及び生活習慣に関する地域格差の把握でした。都道府県比較を行うため、平成 22 年国勢調査区のうち、後置番号が「1」(一般調査区)から層化無作為抽出した1道府県あたり10地区(人口規模が大きい 東京のみ15地区)の計 475地区のすべての世帯の世帯員で,満1歳以上の者が 調査客体となりました(475地区内の世帯及び満1歳以上の世帯員の総数は,約 23,750 世帯/約61,000 人)。
 調査の詳しい内容は、厚生労働省の平成24年国民健康・栄養調査報告を参照ください。また、この図に使用された資料は、政府統計の総合窓口 e-Statからダウンロードできます。

都道府県別の値は、体格(BMI)、野菜摂取量、食塩摂取量、歩数、喫煙率(男性のみ)について、年齢調整を行ったあとに高い値から低い値に4区分に分けました。 女性の喫煙率は誤差率が著しく高いため、示しませんでした。すべての項目で、上位25%と下位25%との間に有意な差を認めました。注)BMIの平均値及び食塩摂取量は、小数点以下2桁を丸めており、区切りの値が同じ場合があります。

BMIの平均値

BMIの平均値、男性(20〜69歳)、女性(40〜69歳)についての全国分布図

野菜摂取量の平均値

野菜摂取量の平均値、男性(20歳以上)、女性(20歳以上)についての全国分布図

食塩摂取量の平均値

食塩摂取量の平均値、男性(20歳以上)、女性(20歳以上)についての全国分布図

歩数の平均値

歩数の平均値、男性(20〜64歳)、女性(20〜64歳)についての全国分布図

現在習慣的に喫煙している男性 (20歳以上)の割合

現在習慣的に喫煙している男性(20歳以上)の割合についての全国分布図

国民健康・栄養調査