ホーム > 厚生労働省について > 資格・試験情報 > ※受験予定の方へ重要なお知らせ 第112回医師国家試験における変更点について

※受験予定の方へ重要なお知らせ
第112回医師国家試験における変更点について

 平成30年に実施する第112回医師国家試験について、従前の国家試験から次の変更を行う。

1.出題数について

必修問題以外の一般問題を100題減じ、合計400題とする。

<第111回>

  一般問題 臨床実地問題
必修問題 50題 50題
医学総論 200題 200題
医学各論

<第112回>

  一般問題 臨床実地問題
必修問題 50題 50題
医学総論 100題 200題
医学各論

2.試験日程について

試験日数を3日間から2日間に変更する。
なお、試験時間は、1日目、2日目ともに、9時30分から18時30分を予定している。ただし、実際の試験時間及び説明開始時刻は受験票と共に送付される受験者留意事項を確認すること。

3.配点について

必修問題以外の一般問題と臨床実地問題は、ともに1問1点で採点を行う。

<第111回>

  一般問題 臨床実地問題
必修問題 1問 1点 1問 3点
医学総論 1問 1点 1問 3点
医学各論

<第112回>

  一般問題 臨床実地問題
必修問題 1問 1点 1問 3点
医学総論 1問 1点 1問 1点
医学各論

4.合格基準について

必修問題以外の一般問題と臨床実地問題は、これまで各々で合格基準を設定していたものを、一般問題と臨床実地問題の得点の合計について合格基準を設定する。

ホーム > 厚生労働省について > 資格・試験情報 > ※受験予定の方へ重要なお知らせ 第112回医師国家試験における変更点について

ページの先頭へ戻る