活躍する部署

医系技官は、厚生労働省をはじめとした、官公庁や国際機関など
国内外を問わず、幅広い部署において活躍しています。

厚生労働省  本省

厚生労働省は、「国民生活の保障・向上」と「経済の発展」を目指し、社会福祉、社会保障、公衆衛生の向上・増進と、働く環境の整備、職業の安定・人材の育成を総合的・一体的に推進しています。また、少子高齢化、男女共同参画、経済構造の変化などに対応し、社会保障政策と労働政策を一体的に推進しています。

厚生労働省  附属機関

検疫所(海港・空港の検疫業務と輸入食品監視業務を担います。全国に13の検疫所が設置されています)、国立保健医療科学院(保健医療及び生活衛生に関する研究及び研修を実施しています)、国立感染症研究所(感染症に関する研究及び支援を行います)といった研究施設、地方厚生局(厚生労働省の地方支分部局の一つで、医療・健康・福祉などの社会保障施策の実施機関です。全国に7つの局が設置されています)等、厚生労働省の附属機関においても、広く医系技官が活躍しています。

他府省庁

内閣官房

新型インフルエンザ対策、健康・医療戦略、東京オリンピック・パラリンピック競技大会の準備及び運営に関する業務など

人事院

国家公務員の健康安全対策推進に関する業務など

内閣府

我が国の総合的・基本的な科学技術政策の企画立案及び総合調整に関する業務(総合科学技術会議)など

復興庁

復興に関する国の施策の企画、調整及び実施、福島への一元的な窓口や支援など

総務省[消防庁]

救急搬送体制等救急救助に関する分野など

法務省

刑務所、少年院等に収容されている者の保健衛生・医療に関する分野など

外務省

国際保健政策を中心とした国際協力に関する業務など

文部科学省

⼤学医学部における医学教育、学校保健や健康教育に関する業務など

環境省

有害化学物質等の健康影響の調査・研究や環境安全に関する分野、公害病患者の救済・予防等の環境保健、放射線健康管理など

原子力規制庁

原子力災害時の緊急初動対応及び原子力災害医療等の体制構築、放射線防護の国際交流・関係機関連携、放射線障害防止に関する斉一化など

防衛省

自衛隊員の健康管理、防衛医学分野の調査研究・国際交流など

関係機関・大学

国⽴病院機構、国⽴⾼度専⾨医療研究センター(国⽴国際医療研究センター等)、⽇本医療研究開発機構、医薬品医療機器総合機構、東京オリンピック・パラリンピック競技⼤会組織委員会、国際協⼒機構、⼤学(⾃治医科⼤学等)などにおいても、医系技官が働いており、我が国の健康安全、科学技術政策の向上の⼀躍を担っています。

国際関係機関

大使館(在フィリピン大使館)・国連政府代表部(在ニューヨーク)や、WHO(本部ジュネーブ、西太平洋地域事務局:マニラ)、グローバル・ファンド、JICA国際派遣(タイ)、IDES国際派遣(米国保健福祉省等)、日本医療研究開発機構ロンドン事務所といった機関等で、国際的に医系技官が活躍しています。

このページの先頭へ