治療や生活へのサポート

家族会・患者会など

病気になって不安なとき、精神障害者を家族にもつ人たちが互いに支えあう家族会や同じ病気を経験した仲間たちが運営する当事者会、自助グループは大きな支えになるでしょう。


家族会

家族会とは、精神障害者を家族にもつ人たちが、お互いに悩みを分かちあい、共有し、連携することでお互いに支えあう会です。支えあいを通して、地域で安心して生活できるための活動を行っています。

家族会組織の種類

家族会にはいくつか種類があります。たとえば、病院を基盤とした「病院家族会」、保健所が事業としておこなっている「保健所家族会・家族教室」、地域ごとに結成されている「地域家族会」、さらに全国や都道府県ごとの連合会などがあります。

活動内容

家族会によって頻度はまちまちですが定期的(月1回、年数回など)に会を催しているところが大半です。内容は家族同士の交流を主眼に家族としての困りごとを話し合ったり、専門家を呼んで病気や薬物治療、社会資源、福祉制度などの勉強会をします。普及啓発活動としてフォーラムやシンポジウムを企画したりします。精神保健福祉関連の講演会などにも取り組みます。また行政などへの要望・働きかけなどの社会的な活動も精力的に行っています。 精神保健福祉センター・保健所・市町村などで、連絡先、入会方法、活動内容などの具体的な情報を提供してくれます。

 


当事者の組織や団体

当事者の組織や団体は、障害者自身が仲間と悩みや心配ごと、人生の希望を分かちあい、支えあって社会の偏見や差別をなくすため活動しています。

精神障害者の方の当事者組織にはどのようなものがあるか

当事者組織には、全国組織、都道府県ごとの当事者会、病院に付属した当事者会、地域を基盤とした当事者会、同じ理念のもとに結集した当事者会、その他様々な組織があります。身近なところにどのような当事者組織・団体があるか知るためには、市区町村、保健所などの行政機関に問い合わせてみるのがよいでしょう。

活動内容

  • 啓発活動として偏見や差別を解消するための活動があります。たとえば、当事者自身が講演会で自分の体験を話し、聴衆に訴えかけていくこともあります。
  • 勉強会では病気や薬の知識、法制度など専門家を呼んで学んだりします。各種イベントの開催や出版物発行などもします。
  • 国・自治体にむけた各種の要請行動をします。たとえば、人権擁護、生活環境の改善、法制度改革への意見提案などです。
  • 当事者活動(ピア活動)
    同じこころの病を体験した仲間が、同じ体験をしている仲間の相談にのったり、生活を助けたりすることで困難を乗り越えることがあります。このような役割をピア・サポート(ピア・グループ、ピア・カウンセリング)といい、仲間同士であるからこそできる尊い支援となっています。
    こうした活動に取り組んでいる当事者組織・団体は、まだまだ数が少ないです。地域の市区町村、保健所等では、地域での当事者活動の情報を教えてもらうことができます。

 


自助グループ(Self Help Group)

自助グループとは、アルコールの問題や薬物依存の問題、病的賭博、摂食障害、ひきこもりの問題などを抱えた人たちが同じ問題を抱えた人と自発的に、当事者の意志でつながり、結びついた集団のことをいいます。

一人で自分の問題から脱却することはむずかしいですが、グループメンバーと体験を共有し、分かちあい、自分の抱える問題や悩みをしっかりと直視して自分を変化させていくことができます。

問題別に様々な自助グループがあります。アルコール・薬物依存症の自助グループ、摂食障害自助グループ、ひきこもり自助グループ、アダルト・チルドレン自助グループなどです。 身近な居住地に利用したい自助グループがあるかどうかの情報は市区町村、保健所、精神保健福祉センターにお問い合わせください。

 

 

 

このページの先頭へ