治療や生活に役立つ情報治療や生活に役立つ情報


医療費を助成する制度

自立支援医療(精神通院医療費の公費負担)

 

精神科の病気で治療を受ける場合、外来への通院、投薬、訪問看護などについて、健康保険の自己負担のお金の一部を公的に支援する制度が自立支援医療(精神通院医療費の公費負担)です。(入院については対象となっていません)
【参考:自立支援医療

 

高額療養費制度

 

入院や外来治療などのため、かかった医療費が高額になった場合、ご自身の所得の状況に応じた自己負担限度額を上回った金額について、高額療養費として、加入している医療保険から後日支払ってもらうことができます。

 

都道府県の心身障害者医療費助成制度
(重度心身障害者医療費助成制度)

 

心身に重度の障害がある方に医療費の助成をする制度です。都道府県や市町村が実施しているもので、精神障害者保健福祉手帳の所持者が対象となっているかどうかは、自治体により異なります。

 

労災補償

 

労働者が業務中や通勤途上での怪我や病気によって治療が必要なときに治療費等が支給されます。[⇒療養補償]

 

医療費控除

 

生計を一にする家族の医療費が、1月から12月の1年間で10万円を超える場合には、確定申告を行うと、所得税の控除を受けることができます。
【参考:国税庁 医療費を支払ったとき(医療費控除)

 
厚生労働省