こころの病気を知る

身体面の症状

こころの病気のなかには、体の症状をともなうものが決して少なくはありません。たとえば、疲れがとれない、動悸やめまいがする、頭痛がするといったことがこころの病気でも起ります。
しかし、体に症状が出ている場合は、まずその症状に関係する身体面についての検査や診察を受けることが大切です。
それでも異常がみられない場合は、こころの病気に関する医療機関に相談しましょう。その背景にストレスやこころの病気がある可能性もあります。

 

このページの先頭へ