メンタルヘルスへのとびら

ともに支えあう社会づくり

こころの病気になったとき、大きな支えになるのが周囲の人たちです。
必要なときにあなたの周りの人を支えるためにも、こころの病気への理解を深め、相談機関、支援のための制度やサービスを知っておくとよいでしょう。


身近な人たちと支えあう

こころの健康状態が気になるときや病気になったとき、家族や友人、知人に相談することができれば大きな安心感につながります。普段から周囲の人たちとの関係を深め、困ったときに相談しあえることも大切です。


地域にある公的な相談窓口

こころの病気や症状について知りたいとき、医療機関についての情報が欲しいときなど、近くにある公的な相談窓口を利用してみましょう。地域の保健所や保健センター、都道府県・政令指定都市に設置されている精神保健福祉センターなどがあります。電話相談、来所相談のどちらも可能で、専門家の意見を聞くこともできます。


家族会や当事者組織など

家族会は、こころの病気をもつ人の家族がお互いに悩みを分かちあい、支えあう会です。当事者自身が仲間たちと支えあうのが当事者組織です。いずれも、病院を中心としたもの、地域の組織や全国組織など、様々な種類があります。
また、アルコール依存や薬物依存、摂食障害など、同じ問題を抱えた人たちが集まり、問題や経験を分かちあいながら、回復を目指す自助グループもあります。


こころの病気への支援や制度など

こころの病気のときに利用できる支援や制度があります。たとえば、医療費、働くための支援、住まい、生活支援、税金に関することなど、様々な制度やサービスがあります。
こうした様々な制度やサービスがあることを、ご本人だけではなく、より多くの人たちにご理解いただき、こころの病気を抱える方々が地域でともに安心して暮らせる社会を築いていくことが大切です。


 

このページの先頭へ