統合失調症アルコール依存症

「統合失調症」とは

脳のさまざまな働きをまとめることが難しくなる病気です

統合失調症は、脳のさまざまな働きをまとめることが難しくなるために、幻覚や妄想などの症状が起こる病気です。ほかの慢性の病気と同じように長い経過をたどりやすいですが、新しい薬や治療法の開発が進んだことにより、多くの患者さんが長期的な回復を期待できるようになっています。

幻覚や妄想が特徴的な症状です

統合失調症の症状でよく知られているのが、「幻覚」と「妄想」です。
幻覚とは実際にはないものをあるように感じる知覚の異常で、中でも自分の悪口やうわさなどが聞こえてくる幻聴は、しばしば見られる症状です。
妄想とは明らかに誤った内容を信じてしまい、周りが訂正しようとしても受け入れられない考えのことで、いやがらせをされているといった被害妄想、テレビやネットが自分に関する情報を流していると思い込んだりする関係妄想などがあります。
こうした幻覚や妄想は、本人にはまるで現実であるように感じられるので、病気が原因にあるとはなかなか気づくことができません。

発症の原因は今のところ分かっていません

発症の原因は正確にはよくわかっていませんが、統合失調症になりやすい要因をいくつかもっている人が、仕事や人間関係のストレス、就職や結婚など人生の転機で感じる緊張などがきっかけとなり、発症するのではないかと考えられています。

100人に1人弱がかかる病気です

日本での統合失調症の患者数は約80万人といわれています。また、世界各国の報告をまとめると、生涯のうちに統合失調症を発症する人は全体の人口の0.7%と推計されます。100人に1人弱。決して少なくない数字です。それだけ、統合失調症は身近な病気ということができます。

気長に病気とつきあっていくことが大切です

治療によって急性期の激しい症状が治まると、その後は回復期となり、徐々に長期安定にいたるというのが一般的な経過です。なかにはまったく症状が出なくなる人もいますが、症状がなくなったからといって自分だけの判断で中途半端な時期に薬をやめてしまうと、しばらくして再発してしまうことも多いので注意が必要です。主治医と相談することが大切です。統合失調症も糖尿病や高血圧などの生活習慣病と同じで、症状が出ないように必要な薬を続けながら、気長に病気を管理していくことが大切です。

統合失調症のサイン・症状

1.確かに聞こえている、見えているのに、まわりの人が否定する

統合失調症で多く現れる症状は幻覚や妄想です。幻覚とは実際にはないものが感覚として感じられることです。とてもはっきりと聞こえたり見えたりするために、脳の中だけで起きているとは考えにくいものです。妄想とは、明らかに間違った内容を信じてしまい、周りの人たちが訂正しようとしても自分では受け入れられない考えのことです。自分には聞こえたり、見えたりするのに、家族や友達、同僚、上司、医師などの周りの人たちが皆「そんなことはない」と否定するときには、幻覚や妄想の可能性があります。

2.周囲の人にもわかる統合失調症のサイン

統合失調症に多い幻覚や妄想の症状は、本人には現実味があってそれが病的な症状だとは気づきにくいものです。周りの人が気づくことが、早期発見の第一歩となります。家族や周囲の方に以下のようなサインがあることに気づいた時には、相談窓口などに相談してみて下さい。

幻覚や妄想のサイン
  • いつも不安そうで、緊張している
  • 悪口をいわれた、いじめを受けたと訴えるが、現実には何も起きていない
  • 監視や盗聴を受けているというので調べたが、何も見つけられない
  • ぶつぶつと独り言を言っている
  • にやにや笑うことが多い
  • 命令する声が聞こえるという
その他のサイン
会話や行動の障害:
  • 話にまとまりがなく、何が言いたいのかわからない・相手の話の内容がつかめない
  • 作業のミスが多い
意欲の障害:
  • 打ち込んできた趣味、楽しみにしていたことに興味を示さなくなった
  • 人づきあいを避けて、引きこもるようになった
  • 何もせずにゴロゴロしている
  • 身なりにまったくかまわなくなり、入浴もしない
感情の障害:
  • 感情の動きが少なくなる
  • 他人の感情や表情についての理解が苦手になる

統合失調症の治療法

統合失調症の治療は、薬をつかった治療(薬物療法)と、専門家と話をしたりリハビリテーションを行う治療(心理社会療法)を組み合わせて行います。

1.治療の目標
  • 幻覚や妄想などの症状を軽くする
  • 記憶や注意などの障害によって社会生活機能が低下するのを防ぐ
  • 回復後は再発しないように維持する
2.治療の方法

薬物療法と心理社会的な治療は車の両輪のようにどちらも重要で、組み合わせて行なわれます。

薬物療法

主に使われる薬
  • 抗精神病薬(中心となる症状を抑える)
補助的に使われる薬
  • 抗不安薬、睡眠薬、抗うつ薬、気分安定薬
薬はいつまで続けるのか
  • 薬をいつまで続けるのかは、個人差があり一口にはいえません。症状の安定をみながら、減量や中止をはかっていきますが、その判断は専門医でなくては難しいものです。

    再発を繰り返すことが多い疾患なので、しばらく症状が安定しているからといって自己判断で薬の量を減らしたり中止したりすることは、再発を誘発して重症化の危険を高めます。「副作用がつらい」「薬をやめたい、減らしたい」などの悩みがあれば、医師に相談しましょう。

心理社会的な治療
病気の自己管理の方法を身につけたり、社会生活機能のレベル低下を防ぐ訓練などを行うもので、精神療法やリハビリテーションが含まれます。病状や生活の状態に合わせて、様々な方法が用いられます。

(例)
  • 心理教育
    病気や治療に関する知識を身につけて、対処法を学ぶ
  • 生活技能訓練(SST)
    ロールプレイ等を通じて、社会生活や対人関係のスキルを回復する訓練を行う
  • 作業療法
    園芸、料理、木工などの軽作業を通じて、生活機能の回復を目指す

私が統合失調症になったとき

私の経験 32歳・会社員

大学を卒業後、大手建設会社に就職した。2年前から隣の課の男性と社内恋愛をしていたが、半年前に破局。彼は離婚寸前だと言っていたが、それは嘘だった。

忙しい職場だったので、失恋のつらさを忘れるためにも仕事に打ち込むようにしていたが、疲れやすくなってきた。食欲もないし、よく眠れない。1年半の間、誰にも秘密で交際をしてきたつもりだったが、最近は、なんだか職場の人たちが全部知っていて、私のことを軽蔑していると思えてきた。

隣の席のAさんが取引先との電話のなかで「ご存知でしたか?当然ですよね」と言っていたのは私のことだし、休憩時間にBさんが同僚と「あきらめが悪いよね」と言っていたのも私の悪口だ。

昼休みはひとりでお弁当を食べるようになった。

ある日、パソコンで調べ物をしていたら、そこに私の悪口が書かれていて、驚いて大声で泣き出してしまった。隣の席のAさんが、私を廊下に連れ出して「疲れているみたいだよ。大丈夫?」と、社内の産業医に連れていってくれた。

産業医からの連絡で、同僚に確認をしたり社内のPCなどをチェックしたが、私の悪口が広まっていたり、書き込みされている事実はないという。確かに悪口を聞いているし、PC画面も見ているのでとても信じられない。みんなで口裏を合わせているに違いない。

家族に連絡がいったらしく、精神科の受診をすすめられ、両親に付き添われて受診した。私も、職場での悪口や軽蔑されている環境からのストレスで疲れていると感じていたので、そのことを訴えてみた。精神科医も職場に確認して、軽蔑されているとかPCに悪口が書かれているということはないという。とても信じられない。もう、あんな職場で働きたくない。

服薬で症状をコントロールできれば働くこともできる

服薬で症状をコントロールできれば、働くこともできるようになります。
症状が落ち着いた段階で、心理社会療法でストレスへの抵抗力を高めるようにすれば、統合失調症とうまくつきあうことができるようになるでしょう。

周囲の人の適切な援助が重要

統合失調症の人は幻覚や妄想から、周囲の人がみんな自分の敵であるように感じて、自分から孤立してしまいがちです。家族や職場の人の適切な援助によって、治療につなげることが重要です。

家族や友人が統合失調症になったとき

息子が統合失調症になった母親の経験 (息子22歳・建築業 母47歳)

息子は高校を2年で中退し、夫と同じ建築業の仕事についた。夫が息子を現場につれていって仕事を教え、それなりに真面目に働いていた。

20歳で初めて大きな仕事場を経験したとき、同年代の同業者と自分の技術を比較して「自分の技術は低いかも」と気にするようになった。 「これまでアパートや中低層マンションなどの仕事ばかりで、高層オフィスビルの仕事は初めてなんだから、知らないことがあって当たり前。経験を積めば大丈夫」と、何度も励ました記憶がある。

そのころから「周囲の人に自分の情報がもれている」などと言うようになったが、あまり気にしていなかった。すると、自室のドアのすき間やカギ穴にガムテープを貼り、窓にはダンボールを貼りつけ、密閉してしまった。

なぜこんなことをするのか、と聞くと、仕事仲間が息子について「背中にアザがある」「小学生のときは太っていた」など、他人が知るはずもないことを、コソコソと話しているから、のぞかれないようにしているのだと言う。

そのうち、隠しカメラがあるかもしれないと言い出し、壁にも厚い布を張るようになり、仕事にもいけなくなってしまった。眠ると頭の中がのぞかれてしまうからと、コーヒーを何杯も飲んだりして、追い詰められた表情をしている。

「このままでは体をこわすから」と病院につれていき、治療が始まり、2週間くらいたったとき「もう緊張しなくなった。仕事に集中できている」と、元気そうに話しだした。

「いろいろ感じても、そんなことはない、と言い聞かせて気にしないことにした」とのこと。

回復してきても、治療はまだ続けなくてはならない。長いつきあいになる病気だということなので、病院の勉強会にも通っている。

家族も病気についてよく理解して

統合失調症がどんな病気なのか知らないと、仕事に行けないのが病気の症状によるものだと理解できず「なまけている」などと叱って、患者さんの苦しみを増してしまいます。家族向けの勉強会に出たり、本を読んだりして、症状や治療についての知識を身につけておくとよいでしょう。

できる範囲で治療の援助をする

薬の飲み忘れがないように気をつけてあげたり、受診につきそって家庭での様子を医師に伝えたりといった家族の援助が回復の助けとなります。

自分を追い詰めない

家族が病気になると献身的に看病をしすぎて無理をしてしまいがちですが、あまり自分を犠牲にしすぎると患者さんも負担に感じるかもしれません。自分の時間を大切にしてリラックスすることも大切です。
「とてもそんな気持ちになれない」という場合は、家族会に参加して、同じ立場の人と話をしてみませんか。それもつらくてできないという場合はカウンセリングを受けて自分の心をケアすることも考えてみませんか。

気をつけたいこと

統合失調症の人は対人関係に敏感なので、次のようなことを心がけましょう。

  • 批判的な言い方、責めるような言い方をしないようにしましょう
    健康な人ならあまり気にしないようなことも、患者さんにはストレスになり、ときには再発の引き金にもなります。
  • 患者さんの前でオロオロ心配することはしないようにしましょう
    家族が心配になるのはしかたがありませんが「将来どうなるのか」「いつになったら働けるのか」など、患者さんの不安をあおるのはやめて、よい面を見つけて評価してあげるようにしましょう
  • 医師の治療を疑うような発言をしないようにしましょう
    「この薬で本当に治るのか」「薬の量が多すぎて心配」など、患者さんに言うと不安にさせてしまいます。治療に疑問があれば、医師に相談するようにしましょう。
困った時の相談先
  • 各都道府県の精神保健福祉センター
  • 保健所
  • 病院・診療所の精神科
  • 病院や地域の家族会、自助グループ
  • 地域活動支援センター(地域生活支援センター)
厚生労働省