薬物依存症薬物依存症

「薬物依存症」とは

薬物使用をやめたくてもやめられない病気

麻薬や覚せい剤などの薬物を使うと、やめたくてもやめられない状態になることはよく知られています。
病気治療に必要なクスリでも、そのなかには、誤った使い方を続けるうちに、やめたくてもやめられない状態を作り出すクスリもあります。
このような、やめたくてもやめられない状態が薬物依存症です。

「依存」になると理性ではやめられない

やめたいと思うこころがあるのに、やめられない。それはどうしてでしょう。クスリを使っているうちに、そのクスリの作用で脳の一部の働きが変化して、「クスリがどうしても欲しい!」という欲求が抑えきれなくなる為です。この変化による欲求は意志の力で抑えることができないものです。「私なら、僕なら、やめようと思えばいつでもやめられるから大丈夫」という考えは、危険です。

依存性の薬物

麻薬や覚せい剤だけでなく、こうした欲求を作り出しやすいクスリをも含めて、依存性のある薬物といいます。依存性のある薬物のうち、クスリとしての価値よりもリスクのほうが高いと判断された薬物は、法律によって所持・売買・譲渡が禁止され、使うこと自体も禁止されています。こうした薬物を使うことは、1回でも、違法となります。

「一度だけなら大丈夫」ではない

薬物を始めるきっかけの多くは、「一度だけ使ってみたい」という好奇心によるものがほとんどです。多くの場合、初回ではそれほどの効果が得られないため、「たいしたことではない」と安心して、薬物への警戒心が薄くなります。
この最初の1回は、何気ない1回ですが、薬物への警戒心という壁をこえる重大な1回なのです。
この1回を経験すると、仲間が集まったときなど、機会があれば薬物を使う「機会的使用」が始まり、やがて知らず知らずに薬物依存症になり、その結果として、習慣的に使用する「常用」に移行します。
なかには「やせられる薬」だからと勧められて、危険な薬物だとは知らずに手を出してしまう人もいます。

依存は消えない、しかし、「回復」はできる

「薬物がどうしても欲しい!」という欲求が抑えきれなくなった脳は、半永久的に元の状態には戻らないといわれています。いくら本人の決意が固くても、ちょっとしたきっかけで薬物への強い欲求につき動かされ、また薬物を使ってしまう人が多いのです。
しかし、適切な指導を受け続けて、薬物を使わない生活を繰り返せば、社会人として何の問題もない生活を送ることができます。それを「回復」といいます。簡単なことではありませんが、「回復」は可能です。

薬物依存症のサイン・症状

1.薬物を使いたいという強い欲求がある

常用者は薬物の効果が切れてくると、使いたいという強烈な欲求がわいてきます。ある期間、あるいは、数ヶ月やめていても、何かのきっかけで、使いたいという強烈な欲求がわいてきます。

その結果、
・薬物を入手するために、いくつもの病院、薬局を回る
・薬物を入手するためなら、万引きや強盗、売春などの犯罪もおかす
など、薬物をなんとか手に入れようとします。

2.自己制御の困難

使いたくない、今回はここでストップしたい、この位の量で終わりたいと思っても、コントロールが効かなくなります。

3.薬物の使用をやめたり、量を減らしたりすると、離脱症状(禁断症状)が出ることがある

不眠、過眠、抑うつ、不安、焦燥、幻覚、筋肉や関節の痛み、妄想、けいれん発作、食欲亢進、脱力、嘔吐、下痢、異常な発汗。

4.ほとんどの場合、薬物に「耐性」ができ、使用量が増える

薬物の作用に体がなれてしまい、快感を得るために必要な量が増えていき、使用量がどんどん増えます。

5.薬物使用中心の生活

一日の大部分を、薬物の入手、使用、回復のために使うようになります。結果的に、社会的、職業的、娯楽的活動が放棄されるか、軽んじられてしまいます。

薬物依存症の治療法

薬物依存症を解消する特効薬はありません。
しかし、適切な指導を受け続けて、薬物を使わない生活を繰り返せば、社会人として何の問題もない生活を送ることができます。それを「回復」といいます。

「回復」への取り組み

外来治療が基本です。一時的に薬物が手に入らない環境を作る必要がある場合には、入院も必要になります。
「治す」というよりは、薬物依存症を糖尿病や高血圧症のような慢性疾患としてとらえて、薬物を使わない生活を続けるという自己コントロールの継続が目標となります。そのためには、それまでの薬物使用に関係していた状況(人間関係、場所、お金、感情、ストレスなど)を整理・清算し、薬物を使わない生活を持続させることが必要です。
しかし、ひとりでの決意はほとんど持続しません。持続させるためには、これらの整理・清算を認知行動療法を用いて体系的に習得させてくれる医療施設や相談所に通い続けるか、ダルク( Drug Addiction Rehabilitation Center)やNA(Narcotic Anonymous)などの自助活動に参加し続けながら、薬物を使わない生活と新しい仲間を作ることが大切です。

是非、読んで頂きたい小冊子

「ご家族の薬物問題でお困りの方へ」(厚生労働省)
家族に限らず、当事者、専門職などあらゆる人に読んで頂きたい小冊子です。下記からダウンロードできます。
http://www.mhlw.go.jp/bunya/iyakuhin/dl/yakubutu_kazoku.pdf

私が薬物依存症になったとき

私の経験 (46歳男性・無職)

中学生のとき、先輩からシンナー遊びに誘われて、補導されたことがある。警察で「歯がとける、脳も悪くなって、目も見えなくなる」と言われ、怖くなってやめた。その後も何度か補導されたあと、なんとかやめることができた。

覚せい剤を初めて使ったのは28歳。長距離トラックの運転手をしていたとき。覚せい剤の量は徐々に増え、3日連続使用して、3日眠り続けるというパターンができ、貯金はなくなり、妻は子ども2人を置いて出て行った。

子どもとともに実家に移り、覚せい剤を連用していたところ、両親や近所の人、通行人などが自分の子どもを売ろうと相談している声が聞こえてきたので、殴って止めようとしたら、父や弟たちに押さえつけられて縛られ、3日眠って治まった。

運転の仕事を再開するとともに、覚せい剤使用も復活。自分が43歳のとき、長男が同棲するからと出ていき、長女は元妻の家で暮らすといって出ていった。やけになって覚せい剤を連用していたら、不眠になり、空手の型をくりかえす動きがやめられなくなった。息が上がって苦しくてもやめられない。誰かにリモコン操作されているのだ、と怖くなり、110番通報して、警察経由で入院。

その後の記憶はないが、大暴れして病院の職員をはねとばしたため、身体拘束され、点滴や注射での薬物治療が続いたのだという。約1ヵ月で退院。

断薬を決意したが、運転手時代の友人に偶然あって、また覚せい剤を使用してしまう。入院前の苦しさを思い出し、現在はダルク(社会復帰施設)に入寮して、周囲の力を借りて断薬を続けている。

シンナー吸引が覚せい剤への門戸を開くケースが多い

シンナー乱用をきっかけに暴力団とのかかわりができるケースが多く、覚せい剤を勧められるような交友関係ができます。早い段階で治療をし、そのような交友関係もすべて断つ必要があります。

薬物から離れるために環境や交友関係を変えよう

断薬を続けていても、以前に薬物を手に入れていた場所を通っただけで、薬物への強い欲求にかきたてられることがあります。そうした場所には近づかないこと。薬物使用にかかわる交友関係も清算する必要があります。

同じ病気を持つ人たちと回復をめざす

断薬をめざす人が集まる自助グループや社会復帰施設では、回復者とも出会えるため、めざすべき目標ができ、断薬への意欲が高まります。

家族や友人が薬物依存症になったとき

息子が薬物依存症になった母親の経験 (息子34歳・無職 母58歳・会社員)

息子は34歳、8年間、せき止め薬の依存症となり、ダルクに入所して3年目になる。

息子は専門学校を卒業して3年間、リフォーム会社で働いていたが、会社の合併で、多くの社員が人員整理され、息子もその一員となった。それからは人材派遣会社から内装工事などのスタッフとして、あちこちの会社で短期間の契約で働くようになった。有給休暇は実質的にないし、仕事が途切れることがあれば生活は苦しい。

安いアパートに越すというので、手伝いにいくと、せき止め薬の空きびんが50本ほどもある。「仕事を休めないから、風邪をひいたときに飲んだ」という。数年分のゴミならこんなものかと思ったが、このとき、息子はすでに依存症だったのだ。

ある日、警察から電話がかかってきて、息子がドラッグストアで万引きをしたというので迎えに行った。初犯なのに盗んだ量があまりにも多かった。警察官は「息子さんは薬物依存ですよ」といって、病院を紹介してくれた。

退院のとき「これで治った」とうれしかったが、何度も再発しては入院した。その間、息子が大量の薬を買うために作った借金も肩代わりしてきた。

精神的にも経済的にも追い詰められ、もう治療費が払えないかもしれないと、病院のケースワーカーに相談したところ「ダルク」を教えてもらい、息子も同意したので、お世話になることにした。

私は「入院すれば薬物依存は治る」と思っていた。でも、家族会に参加するようになって「依存は治らないけど、本人が薬を使わないで生きることはできる」ということを知り、自分なりに薬物依存について、家族のかかわり方について、もっと知りたいと思うようになった。

息子のことでギスギスしていた夫婦や家族の関係も、だんだんよくなってきているような気がする。家族会の皆さんと勉強しながら、息子の行く末を見守りたい。

家族会や勉強会に参加して孤立を避ける

薬物依存者の家族が集まる家族会に出ると、ほかの人も自分と同じ悩みを抱えていることがわかり、その経験から知恵を借りることができます。
また、薬物依存について知るための勉強会への参加も重要です。まず家族が勉強して変わることが本人の回復につながります。
家族会の人々に会うのがつらい場合は、専門家に相談して、必要なら治療やカウンセリングを受けましょう。

できるだけ本人に責任をとらせる

薬物依存者が、家庭外で問題を起こすと、家族はその後始末に追われますが、かえって薬物を続ける助けになってしまう可能性があります。
次のようなことはしないようにしましょう。

  • 借金の肩代わり
  • 壊したものの弁償
  • 警察への保釈金の支払い
  • 本人が職場・学校を休む時の連絡代行
困った時の相談先
  • 病院・診療所の精神科(特に依存症の専門病院)
  • 病院や保健所の家族会
  • ダルク(DARC:Drug Addiction Rehabilitation Center)・NA(ナルコティクス・アノニマス)などのリハビリ施設
  • 地域の自助グループ
  • 各都道府県の精神保健福祉センター

※全国のダルクや精神保健福祉センターおよび家族会などの詳しい連絡先は、「ご家族の薬物問題でお困りの方へ」(厚生労働省)
http://www.mhlw.go.jp/bunya/iyakuhin/dl/yakubutu_kazoku.pdf
の巻末にも記載されています。

厚生労働省