うつ病うつ病

「うつ病」とは

うつ病は増えている?

日本では、100人に3~7人という割合でこれまでにうつ病を経験した人がいるという調査結果があります。さらに、厚生労働省が3年ごとに行っている患者調査では、うつ病を含む気分障害の患者さんが近年急速に増えていることが指摘されています。
「うつ病が増えている」の背景には、

  • うつ病についての認識が広がって受診する機会が増えている
  • 社会・経済的など環境の影響で抑うつ状態になる人が増えている
  • うつ病の診断基準の解釈が広がっている

など、さまざまな理由が考えられます。

「うつ病」にはいろいろある

「ゆううつな気分」や「気持ちが重い」といった抑うつ状態がほぼ一日中あってそれが長い期間続く、というのはうつ病の代表的な症状です。
こうした症状が見られた場合、うつ病と診断されることが多いのですが、本当は、これだけで診断がついたことにはなりません。
大うつ病と呼ばれるタイプのうつ病には一定の診断基準があり、参考になります。他に性格や環境、あるいは他の病気やこれまで服用していた薬が関係していることもあります。

また、これまでに躁状態や軽躁状態を経験したことがある場合はうつ病でなく躁うつ病(双極性障害)であると考えられますのでそういう経験がなかったかの確認も必要です。
統合失調症など他の精神疾患が背景にあって、抑うつ状態はその症状のひとつであった、という場合もあります。このような症状を万が一うつ病と診断されたら、本当の疾患が見逃されせっかくの早期発見・早期治療のチャンスをのがしてしまうことになってしまいます。
正しいうつ病の診断は、うつ病のどのタイプなのか、他の精神疾患である可能性はないか、などを確認することまで含まれるのです。

治療法にもいろいろある

うつ病の治療法は、ひとりひとり違います。
典型的なうつ病ならば薬物療法の効果が期待できます。性格や環境の影響が強い場合は精神療法的アプローチや時には環境の整備が必要になります。他の病気や薬が原因の場合は病気の治療や薬を変えることを考えなくてはなりません。休職についても、休養が必要な場合とむしろ仕事を続けた方がいい場合もあってこの点でも方針はひとつではありません。
うつ病とひとくくりに考えて治療をうけるのではなく、うつ病にはいろいろあって、治療法もひとつではないことを知っておくことが大切です。自分のうつ病と、他の人のうつ病は違うものであり、治療法もひとりひとり違っていて当たり前なのです。

うつ病のサイン・症状

1.それは、どのくらい続いていますか?

うつ病と診断するめやすとして、次のような症状のうちいくつかが2週間以上ずっと続く、というものがあります。ひとつひとつの症状は誰もが感じるような気分ですが、それが一日中ほぼ絶え間なく感じられ、長い期間続くようであれば、もしかしたらうつ病のサインかもしれません。

  • 抑うつ気分(ゆううつ、気分が重い)
  • 何をしても楽しくない、何にも興味がわかない
  • 疲れているのに眠れない、一日中ねむい、いつもよりかなり早く目覚める
  • イライラして、何かにせき立てられているようで落ち着かない
  • 悪いことをしたように感じて自分を責める、自分には価値がないと感じる
  • 思考力が落ちる
  • 死にたくなる
2.周りからみてわかるサインもあります

うつ病では、自分が感じる気分の変化だけでなく、周囲からみてわかる変化もあります。周りの人が「いつもと違う」こんな変化に気づいたら、もしかしたら本人はうつ状態で苦しんでいるのかもしれません。

  • 表情が暗い
  • 涙もろくなった
  • 反応が遅い
  • 落ち着かない
  • 飲酒量が増える
3.体に出るサインもあります

抑うつ状態に気づく前に、体に変化が現れることもあります。

  • 食欲がない
  • 体がだるい
  • 疲れやすい
  • 性欲がない
  • 頭痛や肩こり
  • 動悸
  • 胃の不快感
  • 便秘がち
  • めまい
  • 口が渇く

これはあくまでも目安です。
おかしいかな?あてはまるかな?と思ったらまずは専門家に相談しましょう。専門家のいるところは総合病院の精神科や心療内科、もしくは精神科専門のクリニックなどですが、どこに行けばいいかわからない時は自分のことをよく知っているかかりつけの医師に相談したり、地元の保健所や精神保健福祉センターの相談窓口を利用するなどしましょう。
インターネットや本などで一方的な情報を集めて自己診断することは正しい診療をうける機会を遅らせるだけでおすすめできない方法です。
最近使われているうつ病の診断基準はとてもわかりやすく、うつ病かどうかの診断は簡単にやろうと思えばできるようにみえます。しかし、本当にうつ病なのか、うつ病のどのタイプなのか、などの正確な診断は専門医がきちんと判断しないとなかなかわかりにくいのです。

うつ病の治療法

多彩な治療法

うつ状態をおこす原因がはっきりしているときは、その原因を取り除くことが検討されます。例えば体の病気が原因である場合はその治療を行い、薬の影響が考えられる場合は可能であれば薬の中止、それができない場合は別の薬への変更がはかられます。性格的にストレスなどの影響を受けやすい人は精神療法的なアプローチが効果的です。こうしたうつ病でも、うつ状態が重症であれば抗うつ薬による治療も平行して行われます。
うつ病と判断された場合には一般に抗うつ薬による治療が行なわれます。ただし、典型的なうつ病でも軽症の場合は薬の効果がそれほど期待できないこともあるので、薬物療法が絶対であるというわけではありません。自分には本当に薬が必要かどうかを主治医に確認しながら治療を受けるようにしましょう。

薬もいろいろある

抗うつ薬といわれるものだけでもSSRI(選択的セロトニン再取込み阻害薬)やSNRI(セロトニン・ノルアドレナリン再取込み阻害薬)といったものから三環系抗うつ薬などいくつかのグループがあり、抗うつ薬の他にも、症状に合わせて抗不安薬や睡眠導入剤なども使われます。また、躁状態や軽躁状態を経験したことがある人の場合はうつ病でなく躁うつ病(双極性障害)と診断され、気分安定薬が使われます。どの薬が効くかは治療を受ける人ひとりひとりで異なり、また同じ人でも病気がどの段階かによって違ってきます。

薬の飲み方

薬物治療では、まず主治医に処方された薬の効果と副作用についてきちんと説明してもらいます。また、処方された量と回数をきちんと守ることが大切です。症状がそれほど重くないと感じる、副作用が心配、などの理由から自分で量や回数を勝手に減らすと、主治医は十分な効果が得られないと判断して薬の量を増す、もしくは別の薬に変えるなどの対応を考えることになってしまいます。
副作用など気になることがあれば、ひとりで判断しないで主治医に相談して解決方法を考えましょう。こうした主治医への働きかけは信頼関係をはぐくむことにもつながります。

治療の不安や疑問は主治医に相談しましょう

治療を進める上で不安や悩みを持ったら、主治医に相談しましょう。何でも相談できる関係を主治医と持つことはうつ病治療の第一歩です。
主治医が治療上の不安や疑問にこたえてくれない、話をするのが面倒な様子をみせる、というような場合は、他の専門家の意見を聞くことも考えます。これをセカンドオピニオンといいます。複数の専門家の意見を聞くことが納得のいく医療を受ける手だてになることもあるのです。

私がうつ病になったとき

私の経験 48歳主婦

子供が自立して半年ぐらいたったあと、だんだん家事がうまくできなくなってきた。昼過ぎまで頭がぼーっとしているので、掃除も洗濯も後回しになってしまう。結果的に、すべてが中途半端で、家はどんどん散らかっていき、夫が帰ってきたときにはまだ食事の準備が終わっていないような日が続くようになった。

自分がこんなに怠け者になってしまったとは情けない。家事もできなくなった専業主婦は、もう家にいる価値などないと思う。夫にも申し訳ない。家にもどこにも、私がいる意味などないのだ。私などいないほうがきっと夫にも子供にもいいだろう。明け方目が覚めたまま、ずっと涙がでて止まらない。なぜこんなことになってしまったのだろうか。

夫は私がうつになったのではないかといっている。そうなのだろうか。病院にいこうといわれたが、いったところでこんな自分がどうにかなるとは思えないが、迷惑をかけるばかりで申し訳ないので、いうことを聞こうかと思う。

うつ病かな?と思ったらどうすればいい?

もし、うつ病かな?と思い当たるサインや症状があったら、まずは専門家の判断をあおぎます。専門家というのは、精神科や心療内科の専門医です。施設としては、総合病院の精神科や心療内科の他に、精神科のクリニックなどがあります。精神科を受診することに抵抗があるのなら、地元の保健所や精神保健福祉センターの相談窓口で相談することもできます。

身近にも相談相手を持ちましょう

説明できないような不安の中にひとりでいることはとても苦しいことです。ひとりで悩まずに、相談できる人や場所を持ちましょう。家族や友人のほかにも、患者グループ、電話相談なども利用できます。

信頼できる主治医を持ちましょう

不安や疑問を相談できて信頼できる主治医を持つようにしましょう。
精神科の医師の中でもうつ病を得意とする人もいればそうでない人もいます。相性もあります。もし、相談してもはっきりした説明が聞けない、質問したらかえって怒られた、というようなことが続くようなら、他の施設の専門医の意見(セカンドオピニオン)を求めて、主治医を変えた方がいいか考えるヒントにするのもひとつの手段です。誰も信じられずに勝手に医師を転々と変えるのはいいこととはいえませんが、セカンドオピニオンで客観的なアドバイスをうけながらいい関係を持てる主治医をさがすことは時には重要です。

自殺はしないでください

うつ病で苦しむ人は、自殺したいと思うことが時々あります。しかし、どんなタイプのうつ病でも時間がかかっても気分がいい方向に向かう日は必ずあります。そのときには自殺したいと思っていた気持ちは消えているはずです。決して自殺はしないでください。
自殺を考えたら、誰かに話してください。家族でも、主治医でもいいですし、いのちの電話なども使えます。ひとりで悩み、ひとりで決めることはしないでください。

家族や友人がうつ病になったとき

夫がうつ状態を示した妻の経験 (夫36歳会社員 妻37歳会社員)

まじめでコツコツ仕事をするタイプだった夫が、残業の多い部署に変わり、疲れがたまって仕方がないとこぼすようになった。そのうち胃腸の不調を訴えるようになったが、検査をうけても、どこも悪くないといわれる。不調を訴えるくせに夜は遅くまで起きているようで、朝の寝起きは最悪だ。

ある日、マンションの隣の住人から夫が毎日昼過ぎまで家にいるようだが仕事が変わったのかと聞かれて驚いた。子供も私も夫より早く家を出ていたので夫のそんな変化に気づいていなかったのだ。そのことについて夫に尋ねたところ、なんと夫は泣き出した。夫が泣く姿をみるのは初めてだった。ただ、泣くだけで夫が何をいいたいのかはわからなかった。夫も自分がどういう状態なのかわからない様子だった。自分のことは放っておいてくれともいい、私を突き放す様子もみせた。

どこかおかしいと感じたのだが、どうすればいいかわからない。夫がとても苦しんでいることだけはわかるのだが、どう手をさしのべていいのかもわからない。突然私との間の扉を閉められた感じがするのだ。

夫は自分の問題なのだから誰にも話すなといったが、私は知り合いになっていた子供の学校のカウンセラーに内緒で電話をしてみた。彼女に夫の様子を話したところ、もしかしたら夫の様子はうつ状態かもしれないので、一度精神科か心療内科を受診してみたらとすすめられた。夫婦間で解決できる問題と思っていた私は、そういわれたことにびっくりした。

すぐに精神科に行こうとはいいだせないので、私はまず、うつ病について書かれた本を買ってきた。カウンセラーに相談したことは伏せて、その本をみせて「こんな感じかな?」と聞いただけで、あとは本人が自分で考えるようにして様子をみていたところ、夫は私がいないところでその本を読んでいたようだ。夫も自分がどうにかなっている恐怖からのがれたかったのだろう。その後しばらくして、精神科の診察をうけることもしぶしぶではあるが承知してくれた。二人で(とはいっても、実際にはほとんど私が行動して決めたのだが)何冊かの本とインターネットなどの情報から、家から電車で1時間ほどの場所にある病院の医師がいいだろうと決めて、予約をいれた。どんな診察結果になるかわからないが、今はひとつの道が開かれた気分だ。

気づく

うつ病の症状には、周りからみてわかるサインもあります。こうした変化に気づいたら、本人を見守りながら医師や専門家、地域の相談窓口などに相談してみましょう。

自殺をほのめかす言葉を無視しない

うつ病は自殺の危険のある病気です。うつ病になった人は時に自殺をほのめかす言葉を口にします。このとき、その言葉に反応するとかえってその気にしてしまうのではと心配になって話をそらせてしまいたくなります。でも本は話を聞いてもらえないと自殺願望を抱え込んでしまうことになります。
本人が自殺をほのめかしたら、批判したり励ますのではなく、まずは聞き役につとめてその思いをきちんと受け止めている態度を示します。そして主治医と連絡をとりながら、見守り続けるようにします。

無理に外出させる、趣味など気晴らしになりそうなことを強制しない

うつ病の人に気晴らしをさせることは、ガス欠の車を無理やり走らせようとするようなものです。まずはうつ状態を受け止めて、エネルギーが戻ってくるのを待ちましょう。

自分自身を追いつめないで

本人の周りにいて献身的な人ほど自分ひとりでいろいろな問題を受け止めて疲れてしまうことがあります。ストレスをためすぎないようになるべく多くの人と協力して、時に休息をとれるくらいの余裕を作っておくようにしましょう。同じ環境で愚痴を話し合ったり悩みを共有したりできる家族会や家事などを手伝ってくれる人の存在なども助かります。

困った時の相談先
  • 当事者グループ、家族の会
  • かかりつけの医師
  • 病院・診療所の精神科や心療内科
  • 地域でうつ病や自殺防止対策に取り組んでいる機関(保健所、精神保健福祉センターなど)
厚生労働省