アルコール依存症アルコール依存症

「アルコール依存症」とは

長年の習慣的な飲みすぎがもたらす病気

お酒は「百薬の長」とも「万病のもと」ともいわれます。適量の飲酒は健康にいいといわれますが、多量のお酒は心身に好ましくない影響を及ぼします。飲みすぎが習慣化している人の中には、時間や場所を選ばずにどんなことをしてもお酒が飲みたくなり、飲み始めたらやめられなくなるといった状態におちいる人もいます。この段階は、もしかしたらアルコール依存症かもしれません。飲みすぎが習慣化してからアルコール依存症になるまでの期間は、男性で20年以上、女性はその半分の期間といわれています。

アルコール依存症は「進行性」の病気

アルコール依存症の患者数は現在日本国内で80万人以上といわれていますが、その予備軍も含めると約440万人にもなると推定されています。

危険な量はどのくらい?

どのくらいの量から「飲みすぎ」になるのでしょうか。
厚生労働省が推進する「健康日本21」の中では、アルコール依存症の発症リスクが少ない「節度ある適度な飲酒」は壮年男性の場合純アルコール量換算で1日20g以下であるとの数値を示しています。これは1日ビール500ml(日本酒1合弱、25度焼酎なら100ml、ワイン2杯程度)に相当します。1日の飲酒量がこの3倍以上になると「飲みすぎ」となり、アルコール依存症になるリスクが高まると警告されています。単純計算すると1日にビール3本、日本酒3合弱、25度焼酎300ml、ワイン6杯程度を超える量にあたり、お酒に弱い人でない限り、ついおいしく飲んでしまう範囲といえます。
おいしいお酒を控えることは難しいことですが、毎日これだけの量を飲み続けることはアルコール依存症に一歩一歩近づいている可能性があるのです。
まずは日ごろから量をコントロールできる飲み方をする、1週間に1~2日は飲まない日を作る、という習慣を身につけるようにしましょう。

早期に治療すれば回復が早い

アルコール依存症が進むと、体や精神に悪いばかりではなく、飲酒運転で摘発されたり職場でのトラブルが重なって失業、というように社会・経済的な影響がだんだん大きくなっていきます。友人や家族との関係も影響をうけ、自分の内・外の世界で多くの大切なものを失うことになってしまいます。
アルコール依存症は、早期に治療を始めればそれだけ治療効果があがりやすい病気です。特にプレアルコホリズムという、依存症の手前できちんとした対策をとれば、肉体的な問題だけでなく社会的にも経済的にもより少ない損失で回復が期待できます。プレアルコホリズムの段階では減酒でも回復可能なことが多いのです。

アルコール依存症のサイン・症状

1.アルコールへの精神的な依存がある

アルコール依存症への精神的な依存とは、強い飲酒欲求とそれに基づくコントロールのきかない飲酒で特徴づけられます。
具体的には次のような症状がよく見られます。
○お酒を飲むべきでない時にも「飲みたい」と強く思う
○飲む前に思っていた量より、飲み始めるとつい多く飲んでしまう
○いつも手元にお酒がないと落ち着かない
○数時間ごとに飲酒する「連続飲酒」をする

2.アルコールへの身体的な依存がある

アルコールがいつも体内にある状態が続くと、脳はそれが普通の状態だと認識し、アルコールが抜けてくると、さまざまな不快な症状が出ます。
○酔いがさめると、次のような離脱症状(禁断症状)が出る
手のふるえ、多量の発汗、脈が早くなる、高血圧、吐き気、嘔吐、下痢、イライラ、不安感、うつ状態、幻聴、幻覚
○離脱症状を抑えるために飲んでしまう

3.体に現れるダメージ

肝炎や脂肪肝、膵炎などの疾患や、生活習慣病、果ては消化器系のがんなどの背景にアルコール依存症がある場合があります。世界保健機関(WHO)によると、アルコール依存症は60以上もの病気や外傷の原因になると指摘されています。

4.こころに現われるダメージ

うつ病不安障害、パニック障害などの背景にアルコール依存症がある場合があります。

この中でも特に、「連続飲酒」と「離脱症状」はアルコール依存症の典型的な症状です。

プレアルコホリズムのサイン

連続飲酒、離脱症状は出ていないけれども、お酒が大好きで体調を崩していてもやめられない人、いけないと思っても飲酒運転して事故をおこしたり、自分や人を傷つけたりといった問題をおこしている人などは、プレアルコホリズムが疑われます。

これらはあくまでも目安です。
おかしいな?あてはまるかな?と思ったらまずは専門知識のある人に相談しましょう。困った時の相談先も参考にしてください。
インターネットなどで一方的な情報を集めて自己診断することは早期治療を遅らせるだけでおすすめできない方法です。

アルコール依存症の治療法

1.治療の内容

アルコール依存症の場合、治療は外来でも可能ですが、わが国では治療の主体は入院治療です。入院治療は次の3段階に分けられます。

1) 解毒治療
体とこころに起きている合併症の治療と、離脱症状の治療。
2) リハビリ治療
個人精神療法や集団精神療法で、本人に飲酒問題の現実を認識して断酒の決断へと導く。退院後のリハビリ治療を視野にいれて自助グループへの参加なども始める。本人や家族に十分な説明をした上で抗酒薬の投与も開始する。
3) 退院後のアフターケア
a) 病院・クリニックへの通院、b) 抗酒薬の服用、c) 自助グループへの参加、という「アフターケアの三本柱」を継続する。

1) の解毒治療は一般病院で行なうことも充分可能ですが、2) リハビリ治療と3) 退院後のアフターケアはアルコール依存症の治療のノウハウをもつ専門施設にゆだねるのがよいでしょう。
また、プレアルコホリズムの場合には、症状や本人の生活環境などを考慮して外来治療が可能な場合もあります。

2.アルコール依存症の治療で行われる精神療法

アルコール依存症治療の中心的存在です。個人精神療法や集団精神療法で、本人に飲酒問題の現実を認めさせ断酒の決断へと導きます。

3.アルコール依存症での薬物治療の種類

・ 低栄養の治療
・ 肝臓などの治療
・ 精神症状に対する治療
・ 離脱症状への治療
・ お酒を遠ざける(抗酒薬)

4.断酒維持のための支援

自助グループ:
本人とその家族が同じ立場の人たちと交流し、断酒継続の助けとする断酒会やAA(アルコホリック・アノニマス)などがある。

私がアルコール依存症になったとき

私の経験 (41歳女性・会社員)

不況が長引き、新人の入社がないまま女子社員ではいちばんのベテランになり、女性ばかりの営業チームのリーダーをしている。私以外のメンバーは、契約社員や派遣社員で、いつ雇い止めになるかわからない人に無理はさせられない。契約切れで去っていく人に十分な教育をする余裕も私にはない。こんな状況はバブルがはじけた頃から続いている様な気がする。入社当初はちやほやされたものだが、その直後からこんな調子でいいことなどひとつも経験していない。楽しみといえば、会社帰りの一杯だ。30代になって仕事の状況がますます悪くなってくると、一緒に飲み歩く同僚もいなくなり、自宅で毎日のように飲むようになった。とくに寝る前に飲むと疲れがとれてよく眠れるのが気に入った。でも、時々酔っ払ってテーブルに突っ伏して朝まで寝てしまい、首や肩を傷めてしまうような日もあった。

ある日、職場の健康診断で、肝機能の数値がひっかかって再検査になった。医師に骨密度も極端に減少しており、酒を控えないと大変なことになるといわれた。これはきっと、医師が大げさにいっているのであって、肝臓をもう少しいたわれば済むことだと思った。よく寝て、栄養をとれば解決する話で、お酒をやめることはない。お酒はストレス解消のために必要で、ストレスをためこむことはよくないことなので、お酒を控えることはできない、とそのときは思った。

その後も家ではほとんどずっとお酒を飲んで過ごす日が続いたのだが、会社の引き出しにお酒を隠しているのを知った上司に説得されて、アルコール依存症の専門クリニックに行くことにした。そこで、私はアルコール依存症の一歩手前の状態にあると診断された。

ひとり暮らしでもあるので入院での治療を受けることになった。医師や入院している他の人たちと話をするうちに、やっぱり飲みすぎがいけなかったのかな、と気づくことができた。

退院後も通院を続け、自助グループに通ったりしているが、時々お酒を飲みたいという強い気持ちに負けそうになることがある。このまま継続できるか、挫折してしまうかもしれないと思うと怖くなる。

家族や仲間と支え合って治療を継続する

アルコール依存症は、退院したあとも治療が終わったわけではありません。「断酒の継続」という治療が続きます。この治療は、本人にとっても周りの人にとっても大きな挑戦であり、ひとりだけで継続するのは難しく、大勢の支え合いが必要です。ひとりで何でもやりきろうとしないで、不安や問題は周りの人や自助グループ、そして医療スタッフに何でも話すようにしましょう。

最初から高い目標を掲げない

「断酒」とは一生飲まないことだと思うと話が大きすぎてイメージしにくいかもしれません。そんな場合は、とりあえず「きょう1日、飲まないでいられた」「明日も飲まない」という身近なイメージを積み上げていくというのもひとつの方法です。

「これはダメ」だけではなく、「これはできる」を見つめよう

お酒を飲んではダメ、という禁止事項で自分を縛るばかりでなく、「薬を決められた量きちんと飲む」「自分が決めた頻度で自助グループに通う」など、行動できる目標をもてば、実行したという手応えが得られます。

家族や友人がアルコール依存症になったとき

夫がアルコール依存症になった妻の経験 (妻62歳 夫68歳)

夫は車を使う仕事をしていたので、平日は飲まず、週末の金曜から日曜までの夕飯時にビールのロング缶を1本飲むだけというのが長年の習慣だった。

定年後、夫は節約のため、ビールを安い焼酎に変え、お湯割りで飲むようになったが、だんだんお湯より焼酎の量が多めになっていくのが気になっていた。

でも、「夫は長年まじめに働いてくれたのだから」と思うと、大目に見てあげたかった。夫は酔ってもあまり変わらない。静かな酒で、いつもニコニコ笑っておだやかに飲んでいた。ただ、よく見ると最近は「静か」の中身が違ってきたような気がする。笑顔はなく、無表情でかなりのスピードで飲んでいる。ときには、昼から夕方まで飲み続けている。仕事をやめてさびしいのかもしれない。

ある日、外で飲んでいた夫が酔って足を骨折したのをきっかけに、お酒を控えるようにいってみたのだが、夫は突然怒り出して、とにかく酒を持ってこいと怒鳴った。あまりの剣幕にいつもの焼酎を渡すと、暗い顔をして飲み続けていた。

骨折の回復が遅くイライラするのか、夫の酒量はその後さらに増えていった。最近では、「足が痛いのだから仕方ない」といって、酔ったまま車を運転して出かけようとする。

こんな飲み方を続けていたら体が持たないし、私の力では飲酒運転をとめられなくなりそうなので、骨折のときに受診した医師に相談したところ、アルコール依存症の専門病院を紹介された。夫にアルコール依存症の話をしたところ、鼻で笑うばかりで相手にもされなかったので、私がまず施設に行き、話を聞いてこようと思う。

周りの人の気づきが早期診断につながります

アルコール依存症になった人の多くは「自分は依存症ではない」と否認します。アルコール依存症であることを否認し自分に都合のいい解釈をするために、お酒のせいで体をこわしたとしても内科の病院で治療を受診します。こうしてアルコール依存症に対するケアを受けずに体調が回復すると、また飲酒を始めるため、だんだんアルコール依存症の症状が悪化するという過程をとりがちです。

本人がアルコール依存症の専門科に行きたがらないときは、まず家族や周囲の人がアルコール依存症への理解を深め、本人を治療に導くことが早期治療への第一歩となります。家族や周囲の人の協力が治療を進める上で大きな意味を持つ病気なのです。

依存症が疑われるサインを見逃さない

次のような変化があった場合は、もしかしたら依存症かもしれません。

  • 飲酒量が増えた
  • 飲むスピードが早い
  • 飲む時間が長く、回復にも長い時間がかかる
  • お酒を飲まないと離脱症状が出る
困った時の相談先
  • 各都道府県の精神保健福祉センター
  • 断酒会、AA(Alcoholics Anonymous)などの自助グループ
  • アルコール依存症の専門病院
  • かかりつけの医師
  • 病院・診療所の精神科や心療内科
厚生労働省