ケースに学ぶ
次へ

好きなのに、彼が信じられなくなって
大学4年生Mさん(22歳、女性)の場合

私はもともと気分の浮き沈みが激しく、ひどく落ち込むこともしばしばです。ほかの人とも仲良くしているときはいいのですが、ちょっとした行き違いからうまくいかなくなることがよくありました。

今はつきあっている彼がいます。2カ月前に、同じクラスのある女性と楽しそうに話しているのを見ました。それがすごいショックでした。このとき、私はもう彼に見捨てられたと思い、死にたくなりました。その夜には私はリストカットをしてしまいました。
彼がそれを見つけて救急車を呼んでくれ、一緒につきそってくれました。その後しばらくして彼が別の女性と話していたので、またリストカットしてしまいました。彼が優しいと安心するのですが、不機嫌な顔をされると、私のことを嫌いになったように感じてしまいます。そうなると、怒りがこみあげてきて、リストカットしたくなります。私は本当にひどい人間です。いつか彼に見捨てられるのではないかと考えると、気持ちが真っ暗になります。

彼は私が考えすぎだ、一度専門家に相談したほうがいいのではないかと、病院につきそってくれました。そこでは、パーソナリティー障害だと診断されました。治療ではお薬を飲んだり、感情のコントロールをする練習をやったりしています。


 

このページの先頭へ