ケースに学ぶ
次へ

絶好調から一転、再び起き上がることができない
会社員Oさん(35歳、男性)の場合

うつ病の薬を飲み始めてから調子がずいぶんよくなりました。うつのときと違って疲労を感じることなく残業も続けられました。誘われた飲み会には必ず参加し、二次会にも欠かさずつきあいました。気前よく部下におごることも増えました。以前にはなかったぐらいよくしゃべり、気分も爽快でした。睡眠時間も3時間もあれば、ばりばり働くことができ、はっとするような素晴らしいアイデアが次々と浮かび、もう「うつ」は完全に治ったと思ったのです。他の人からも、病気の前よりも元気になって、しゃべりすぎるぐらいだとよく言われました。

ところが、このような状態が続いた数カ月後、私はまた、朝ベッドから起き上がることもできなくなってしまいました。

薬をもらえば、また元気になると思って、以前に通っていた病院に行ったのです。そこで、これまでの経過を話したら、「双極性障害」の可能性があると言われました。私自身、気分が絶好調のときは、これが病気だなんて思いもしませんでした。
今は、薬をきっちり飲むようにしていますので、大きな気分の波はかなり治まっています。


 

このページの先頭へ