ケースに学ぶ
次へ

ドアのカギから、電気・ガス・水道まで確かめなければ外出できない
主婦Eさん(33歳、女性)の場合

もう1年になりますが、たまたまドアのカギをかけ忘れて外出したことがありました。何もなかったのですが、しまったと思いました。その後から、外出時にドアのカギを数度確かめないと気がすまなくなりました。次第にドアのカギだけでなく、電気のコンセントやガスの元栓、水道の蛇口と、外出前に何度も確認するようになってきました。

気にしすぎなのは自分でもわかっています。でも、確認を終えてドアのカギをかけ終わると、電気の消し忘れ、ガス栓の閉め忘れなどが心配になり、再び確認しないといられなくなって……。我慢しようとしても不安になってそのことばかり気になってしまいます。最近は時間に間に合わないことも出てきました。

主人からも、専門家に診てもらったほうがいいのではないかと勧められて、近くのメンタルクリニックを受診したら、「強迫性障害」だと診断され、認知行動療法と薬による治療を受けています。少し、不安も減ってきたみたいで、鍵の確認も減ってきています。


 

このページの先頭へ