平成20年6月5日
厚生労働省食品安全部

監視安全課

道野 輸入食品安全対策室長

担当:西村(内線2497)

企画情報課

坂本 検疫所業務管理室長

担当:三木(内線2470)


「輸入加工食品の自主管理に関する指針(ガイドライン)」の公表
及び輸入者等説明会の開催について

1  本年1月に発生した中国産冷凍ギョウザによる薬物中毒事案については、2月22日に開催された関係閣僚会合において、輸入加工食品の安全確保策の一つとして、輸入者自身による、輸出段階での管理強化を目的としたガイドラインを、厚生労働省において策定することとされたところです。

2  これを受け、今般、有識者による検討会及び国民からの意見募集を経て、「輸入加工食品の自主管理に関する指針(ガイドライン)」を取りまとめ、本日、関係機関あて通知するとともに、以下のとおり厚生労働省ホームページに掲載したのでお知らせします。

○ 輸入加工食品の自主管理に関する指針(ガイドライン)
http://www.mhlw.go.jp/topics/yunyu/tp0130-1ah.html
(※近日中に英語版も掲載予定)

3  本指針は、輸入加工食品の輸出国での原材料、製造・加工、保管及び輸送の各段階における安全性確保に資するため、有毒、有害物質等の混入防止に加え、従来より輸入食品監視指導計画において輸入者に対して求めている加工食品に関する基本的指導事項をさらに具体化したものであり、輸入者に対して、食品安全基本法及び食品衛生法に定める食品等事業者の責務規定に基づき、輸出国の食品衛生関連規制の整備及び施行の状況や製造者の衛生管理の水準等を勘案した上で、必要な確認を行うことを求めるものです。

4  また、別紙(PDF:66KB) の日程により、本指針に関する輸入者等に対する説明会を、検疫所と社団法人日本輸入食品安全推進協会の共催により開催することとしていますので、併せてお知らせします。

PDFファイルを見るためには、Adobe Readerというソフトが必要です。
Adobe Readerは無料で配布されています。(次のアイコンをクリックしてください。) Get Adobe Reader


トップへ