(流通状況について更新情報があります(http://www.mhlw.go.jp/houdou/2007/02/h0201-3.html))

プレスリリース
平成19年1月26日
厚生労働省医薬食品局食品安全部監視安全課
道野 輸入食品安全対策室長
 担当:鶏内かいち、鶴身(内線2477、2474)

(平成19年1月29日訂正) 
(平成19年2月5日訂正) 



安全性未審査の中国産遺伝子組換え米の混入事例について


1.経緯
 昨年9月6日、環境保護団体(グリーンピース等)がEUにおいて中国産米加工品(ビーフン等)から遺伝子組換え米※の混入を確認したと公表したことから、同年9月26日より中国から輸入される米を主原料とする加工品について、輸入時に検査を実施したところ、2製造者、6件(ビーフン5件、もち米の粉1件;次項参照)について、我が国で安全性未審査の遺伝子組換え米の混入が確認されました。
 なお、6件については、全量保管中であり、国内流通はしていません。
害虫抵抗性のCry1Ac(クライワンエーシー)タンパク質を産出する遺伝子を有している。我が国でも同タンパク質を産出するトウモロコシ等において、安全性評価が終了している。


2.対応
   (1) 遺伝子組換え米の混入が確認された6件については、食品衛生法第11条違反として、廃棄又は積戻しを指示
   (2) 中国政府に対して原因究明と再発防止を要請
   (3) 安全性未審査の遺伝子組換え米が混入した加工品の製造業者から輸入される中国産米加工品については、輸入の都度、輸入者に対して検査を指示
   (4) 既に当該製造業者から輸入された中国産米加工品については、遺伝子組換え米を含有しているか否かの確認を都道府県等を通じて実施
   (5) 当該製造業者以外の中国産米加工品については、引き続き検疫所において検査を実施


3.その他
 中国からの輸入米については、これまで370件(届出件数490件;昨年1月より)について検査を実施し、検出事例はありません。


【参考】
1.中国産米加工品の検査状況(H18.9.26〜H19.1.24、速報値)
品名 届出件数 届出重量(kg) 検査件数 陽性件数
うるち米の粉 172 6,336,819 71 0
もち米の粉 162 5,562,212 47 1
その他の米穀類の粉 13 81,020 3 0
乾めん:ビーフン 75 370,538 32 5
乾めん:その他のめん類 36 1,193,164 1 0
合計 458 13,633,752 154 6
 ※検査中の検体を含む。

2.違反事例
品目名 輸入者名 届出数重量 製造者名 届出検
疫所
ビーフン 森井食品
株式会社
(1) 52箱、  936kg
(2)102箱、 1,836kg
(3)110箱、 1,980kg
(4)695箱、13,031kg
(5)744箱、 5,580kg
SHANDONG JINCHENG
CO.,LTD
神戸検
疫所
もち米の粉 三瀧商亊
株式会社
2,456袋、53,901kg JIANGSU BABY
(GROUP) CO.
四日市
検疫所
支所



トップへ