厚生労働省発表
平成17年8月5日(金)
労働基準局労災補償部
補償課職業病認定対策室
 室長  只野  祐
 室長補佐  黒谷 一郎
電話 5253−1111 (内線)5569
夜間直通 3502−6750

石綿による健康障害に係る相談等の状況について


 石綿による健康障害について、国民の不安が高まっている状況に鑑み、7月29日(金)、厚生労働省においては、石綿ばく露作業による肺がん又は中皮腫の労災認定を受けた労働者が所属していた事業場の名称等の情報について公表を行ったが、公表後、厚生労働本省及び全国の都道府県労働局・労働基準監督署に対して、労働者や周辺住民の方、さらに一般の方からも多数の相談等が寄せられているところである。

 具体的には、公表直後の7月30日(土)及び31日(日)に厚生労働本省に臨時に設置された電話相談窓口に対し368件の相談や照会が寄せられたほか、8月1日(月)〜4日(木)の間において厚生労働本省に対し295件、都道府県労働局及び労働基準監督署に対し2,392件の相談や照会がそれぞれ寄せられており、6日間を通じ合計で3,055件の相談が寄せられている。(PDF:102KB)
 主な相談内容としては、発病した疾病についての労災認定の可能性や労災手続方法、過去の石綿作業従事による健康障害への不安を訴える相談等のほか、住宅に使用されている建築材料等に含まれる石綿の危険性についての問合せが多数あった。(PDF:142KB)

 公表された情報に関する問合せや労災保険等に関する相談について、厚生労働本省及び全国の都道府県労働局・労働基準監督署での受け付けは、本日以降も引き続き行っていくこととしている。

 厚生労働本省における電話照会先は以下のとおり
   労災補償部補償課職業病認定対策室 03-3502-6750、03-3502-0876
 なお、8月6日(土)及び7日(日)においても、上記の電話番号で相談を受け付けることとしている。

<参考> アスベスト(石綿)についてQ&A
 http://www.mhlw.go.jp/topics/2005/07/tp0729-1.html



PDFファイルを見るためには、Adobe Readerというソフトが必要です。
Adobe Readerは無料で配布されています。
(次のアイコンをクリックしてください。) Get Adobe Reader

トップへ