ホーム > 政策について > 分野別の政策一覧 > 雇用・労働 > 労働基準 > 仕事と生活の調和 (勤労者生活の向上) > 勤労者財産形成促進制度 > 財形貯蓄制度の実施状況について

財形貯蓄制度の実施状況について

 平成27年3月末現在の財形貯蓄の契約件数は845万件、貯蓄残高で16兆1,117億円であった。
これを対前年同月比で見ると、件数で97.1%、残高で99.4%となっている。

  契約件数 貯蓄残高
平成26年3月末 千件
8,702
百万円
16,205,786
平成27年3月末 8,453 16,111,664
対前年同月比 97.1% 99.4%

【参考】 財形貯蓄制度の実施状況(過去5年間)

  一般財形貯蓄 財形年金貯蓄 財形住宅貯蓄 合計
契約件数 貯蓄残高 契約件数 貯蓄残高 契約件数 貯蓄残高 契約件数 貯蓄残高
平成23年3月末 千件
6,391
百万円
10,506,632
千件
2,081
百万円
3,676,870
千件
1,012
百万円
2,460,871
千件
9,484
百万円
16,644,374
24年3月末 6,237 10,648,718 2,040 3,576,258 961 2,347,846 9,237 16,572,823
25年3月末 6,052 10,687,463 1,990 3,466,634 910 2,231,443 8,952 16,385,540
26年3月末 5,903 10,715,347 1,934 3,375,141 865 2,115,298 8,702 16,205,786
27年3月末 5,747 10,805,225 1,883 3,288,061 824 2,018,377 8,453 16,111,664

※各貯蓄の件数・残高の足し上げと、「合計」欄の件数・残高は四捨五入の関係で一致しない場合がある。

ホーム > 政策について > 分野別の政策一覧 > 雇用・労働 > 労働基準 > 仕事と生活の調和 (勤労者生活の向上) > 勤労者財産形成促進制度 > 財形貯蓄制度の実施状況について

ページの先頭へ戻る