ホーム > 厚生労働省について > 採用情報 > 任期付職員 > 訟務官の募集について

訟務官の募集について

 中央労働委員会事務局では、不当労働行為の再審査やそれに伴う行政訴訟への対応を行っていただく方を「特定任期付職員」として募集します。

職務内容及び募集要項は次のとおりです。

職務内容

1 職種

訟務官

2 業務内容

  1. (1)不当労働行為事件の審査
    1. [1] 不当労働行為事件の審査(複雑な不当労働行為事件の再審査事務)
    2. [2]事実認定手法等の相談
    3. [3]研修の実施(中央労働委員会事務局職員等に対する事実認定手法等の習得等のための研修の実施)
  2. (2)行政訴訟への対応
    1. [1] 準備書面の作成及び職員に対する助言・指導
    2. [2]訴訟代理人としての訟務行為(国の指定代理人として、口頭弁論期日に裁判所に出廷し発言)

募集要項

1 募集人員

1名

2 応募資格(必要な資格と業務経験)

次の(1)及び(2)の要件すべてに適合する方。

  1. (1)弁護士資格を有する方
  2. (2)法律事務所に所属し、2年程度以上の訴訟実務経験を有する方

なお、次に該当する方は応募できませんので、あらかじめ御了承ください。

  1. 日本国籍を有しない方
  2. 国家公務員法第38条の規定により国家公務員となることができない方
    • 成年被後見人又は被保佐人
    • 禁錮以上の刑に処せられ、その執行を終わるまでの方又はその刑の執行猶予の期間中の方その他その執行を受けることがなくなるまでの方
    • 一般職の公務員として懲戒免職の処分を受け、その処分の日から2年を経過しない方
    • 日本国憲法又はその下に成立した政府を暴力で破壊することを主張する政党その他の団体を結成し、又はこれに加入した方

3 採用形態

 一般職の任期付職員の採用及び給与の特例に関する法律(平成12年法律第125号)に基づき、常勤の国家公務員として採用。
 (国家公務員法に基づく守秘義務や兼業制限等が適用されます。)

4 給与等

 一般職の任期付職員の採用及び給与の特例に関する法律(平成12年法律第125号)又は一般職の職員の給与に関する法律(昭和25年法律第95号)に基づき、学歴や民間企業等での経験年数を勘案して支給します。

5 休暇

 完全週休2日制(土曜日・日曜日)、祝日、年末年始(12月29日〜1月3日)、年次有給休暇、夏季休暇等の特別休暇があります。

6 福利厚生

 健康保険及び年金は、厚生労働省共済組合に加入することになります。また、各種福利厚生制度が利用できます。

7 勤務地

厚生労働省中央労働委員会事務局審査部門
(所在地:東京都港区芝公園1―5―32 労働委員会会館内)

8 任用期間

平成29年4月1日〜平成31年3月31日
(更新の可能性あり。任用開始の時期や任期は応相談。)

9 勤務時間

9時30分〜18時15分
(必要に応じて超過勤務命令を行う場合があります。)

10 応募方法

次の(1)〜(3)の応募書類について「13 問合せ及び書類提出先」に示す書類提出先まで御郵送ください。

  1. (1)履歴書
    用紙(Excel形式)をダウンロードして、顔写真を貼り付けて、学歴、資格等の必要事項を詳細に記載してください。(履歴書Excel形式) [44KB]
  2. (2)職務経歴書(ワープロ可)
  3. (3)弁護士資格証明書

11 応募期限

平成29年2月28日(火)(当日消印有効)

12 選考方法

  • 書類選考後、面接試験により合否を決定いたします。書類選考合格者には、面接日を個別に御連絡します。
  • 応募の秘密については厳守いたします。また、応募書類は返却いたしかねますので御了承ください。

13 問合せ及び書類提出先

〒105−0011
東京都港区芝公園1―5―32 労働委員会会館内
中央労働委員会事務局総務課人事係
電 話 03−5403−2105

ホーム > 厚生労働省について > 採用情報 > 任期付職員 > 訟務官の募集について

ページの先頭へ戻る