ホーム > 厚生労働省について > 採用情報 > 任期付職員 > 自立支援振興室長補佐の募集について

自立支援振興室長補佐の募集について

 障害者の自立生活や社会参加を支援する自立支援機器の開発について、実態把握、課題整理、支援内容の検討等を行うとともに、ユーザである障害者と開発者側、さらには適切な機器を障害者に対しきちんと結びつけることのできる提供事業者とをつなぐ支援を行い、障害者が使いやすい機器の実用化及び利用が促進するよう、支援機器の開発及び普及に必要な企画・立案等を行っていただく「任期付職員」を募集します。

職務内容及び募集要項は次のとおりです。

職務内容

1 職種

 社会・援護局障害保健福祉部企画課自立支援振興室長補佐

2 業務内容

 障害者の自立支援機器開発及び普及の促進に必要な施策並びに障害者の社会参加に資する取組・施策の企画、立案、調査及び分析等について、専門的見地から参画する。

募集要項

1 募集人員

厚生労働省社会・援護局障害保健福祉部
企画課自立支援振興室 1名

2 資格等について

次の(1)〜(4)までの要件すべてに適合する方

  1. (1)理学療法士の資格を有し、医療・介護等の現場経験が5年以上であること
  2. (2)修士課程又は博士課程を修了した者
  3. (3)自立支援機器等の開発に直接関わった実務経験が3年以上あること
  4. (4)障害者に対する自立支援機器等の開発にかかる論文を5件以上有している者

なお、以下に該当する方は、応募できませんので、予めご了承ください。

  • 日本国籍を有しない者
  • 国家公務員法第38条の規定により国家公務員となることができない者
    • 成年被後見人又は被保佐人
    • 禁錮以上の刑に処せられ、その執行を終わるまでの者又は執行を受けることがなくなるまでの者
    • 一般職の公務員として懲戒免職の処分を受け、当該処分の日から二年を経過しない者
    • 日本国憲法又はその下に成立した政府を暴力で破壊することを主張する政党その他の団体を結成し、又はこれに加入した者

3 採用形態

 一般職の任期付職員の採用及び給与の特例に関する法律(平成12年法律第125号)に基づき、常勤の国家公務員として採用の予定です。
 ※国家公務員法に基づく守秘義務や兼職制限等が適用されます。

4 給与・手当

 一般職の任期付職員の採用及び給与の特例に関する法律(平成12年法律第125号)又は一般職の職員の給与に関する法律(昭和25年法律第95号)に基づき、学歴、就職後の経験年数等を勘案して支給します。

5 休暇

 完全週休2日制(土曜日・日曜日)、祝日、年末年始(12月29日〜1月3日)、年次有給休暇、夏季休暇等の特別休暇があります。

6 福利厚生

  1. (1)健康保険、年金は、厚生労働省共済組合に加入することとなります。
  2. (2)その他、宿泊施設等の各種福利厚生制度があります。

7 勤務先

厚生労働省社会・援護局障害保健福祉部企画課自立支援振興室
(東京都千代田区霞が関1−2−2 中央合同庁舎第5号館5階)

8 雇用期間

平成30年4月1日から平成32年3月31日

9 勤務時間

9時30分から18時15分
※必要に応じて残業があります。

10 応募方法

次の(1)〜(5)の応募書類を「13その他」に示す書類提出先までご郵送下さい。

  1. (1)履歴書(市販の用紙、顔写真添付)
  2. (2)理学療法士免許証(写し)
  3. (3)修士課程又は博士課程修了証明書(写し)
  4. (4)障害者に対する自立支援機器等の開発にかかる論文の一覧 (主な論文1点の写しを添付のこと)
  5. (5)小論文(1,600字程度、A4縦用紙に横書、ワープロ打ち)
    ※ テーマ「今後、障害者施策における自立支援機器の活用に必要な対策は何か」について記述して下さい。

11 応募期間

平成29年12月27日(水)〜平成30年1月16日(火)(必着)

12 試験等

 書類選考後、面接試験により合否を決定します。

13 その他

 応募の秘密については厳守いたします。また、応募書類は返却いたしませんので、ご了承ください。

問い合わせ及び書類送付先

厚生労働省社会・援護局障害保健福祉部企画課(里村、河野)
所在地 〒100−8916 千代田区霞が関1−2−2
電話 03−5253−1111(内線3012、3016) 

ホーム > 厚生労働省について > 採用情報 > 任期付職員 > 自立支援振興室長補佐の募集について

ページの先頭へ戻る