ホーム > 厚生労働省について > 採用情報 > 獣医系技術職員の採用情報(総合職(院卒者)相当・行政官 > 獣医系技術職員とは?

獣医系技術職員とは?

 獣医系技術職員(獣医系技官)とは、獣医師としての専門知識が必要になる業務を行うため、獣医師免許取得者を、一般の国家公務員総合職試験とは別枠で採用するものです。採用区分は「国家公務員総合職(院卒者)相当」となります。

主な仕事内容は?

 公衆衛生分野、主に食品安全対策の業務に携わります。食中毒対策、食品の輸出入などの国際的な課題、食肉・食鳥肉の安全対策や残留農薬、遺伝子組換え食品対策など、食品の安全性の確保を図るため、食品衛生法などの法律に基づいた種々の施策を講じます。

 また、感染症対策も獣医系技官が携わる重要な業務です。狂犬病、デング熱、鳥インフルエンザ等の動物由来感染症に対して、人への感染を未然に防止するため、国民への正しい知識の普及や危機管理体制の整備、輸入動物の監視・指導等の感染症法に基づく施策を講じます。

求められる人材は?

 獣医系技官とは、獣医師であり、公務員でもあります。そのため、専門家としての科学的思考、検証能力が求められる一方で、行政官としての調整力、交渉能力も必要です。

 国家公務員であるため、国内外問わず、多種多様な分野の人と関わります。そのため、広い視野を持ち、人と交流できる、コミュニケーション能力が求められます。

 これらの能力は、実務をこなすことで備わります。配属先については、採用者が少数の分、各個人の能力を伸ばせるよう、人材育成を十分に考慮して行っています。

ホーム > 厚生労働省について > 採用情報 > 獣医系技術職員の採用情報(総合職(院卒者)相当・行政官 > 獣医系技術職員とは?

ページの先頭へ戻る