労働委員会が行うあっせんの利点

※ 各都道府県労働委員会で名称・制度内容・処理方法は異なります。

・三者構成、懇切丁寧

労働問題の専門家で経験も豊富なあっせん員が三者構成(公益側代表(学識経験者等)、労働者側代表(労働組合役員等)、使用者側代表(会社経営者等))で一体となって丁寧なあっせんを行います。

・手続き簡単

申請は、申請書を労働委員会窓口へ提出するだけの簡単な手続きです。

・費用は無料

あっせんの費用は一切かかりません。(資料郵送の切手代等がかかる労委もあります。)

・秘密厳守

申請書を受理した後、申請者の氏名・申請内容は相手方に伝わることになりますが、関係者以外には、あっせんの秘密は厳守されます。

他機関の運用状況比較
このページのトップへ