ホーム > 政策について > 分野別の政策一覧 > 雇用・労働 > 労働基準 > 安全・衛生 > 統計・災害事例 > 安全衛生関係統計等一覧 > 熱中症による死亡災害発生状況 > 熱中症による死亡災害発生状況(平成22年) > 熱中症による死亡災害発生状況(平成22年)について

熱中症による死亡災害発生状況(平成22年)について

1 熱中症による死亡者数の推移(平成13年〜平成22年分)

 職場における熱中症による死亡者数は47人(前年比39人増)となり、大幅に増加した。なお、これは、熱中症と分類して統計を取り始めた平成9年以降、最多の人数である。
 過去10年間(平成13年〜22年)の熱中症による死亡者の合計は210人であり、平成22年の死亡者数は、おおむね20人前後で推移してきた死亡者数からみて2倍以上の人数となっている。




熱中症による死亡災害発生件数の推移(平成13年〜22年)


(平成)
13年 14年 15年 16年 17年 18年 19年 20年 21年 22年
24 22 17 17 23 17 18 17 8 47 210
熱中症による死亡災害発生件数の推移(平成13年〜22年)

2 業種別発生状況(平成20〜22年)

 過去3年間(平成20〜22年)の業種別の発生状況をみると、建設業が多く全体の約4割を占め、次いで製造業が全体の約2割を占めている。




熱中症による死亡災害の業種別発生状況(平成20〜22年)

業種 建設業 製造業 農業 運送業 警備業 林業 その他 計(人)
平成20年 9 5 3 17
平成21年 5 1 1 1 8
平成22年 17 9 6 2 2 1 10 47
計(人) 31 15 6 3 3 1 13 72
熱中症による死亡災害の業種別発生状況(平成20〜22年)

3 月・時間帯別発生状況

  1. (1)月別発生状況(平成20〜22年)
    過去3年間(平成20〜22年)の月別発生状況をみると、7月及び8月に全体の約9割が発生している。



熱中症による死亡災害の月別発生状況(平成20〜22年)

  6月 7月 8月 9月 計(人)
平成20年 2 12 3 17
平成21年 1 7 8
平成22年 2 25 19 1 47
計(人) 4 38 29 1 72
熱中症による死亡災害の月別発生状況(平成20〜22年)


(参考)熱中症による死亡災害の月別・業種別発生状況(平成22年)

6月 7月 8月 9月 計(人)
建設業 8 8 1 17
製造業 1 2 6 9
農業 3 3 6
運送業 1 1 2
警備業 2 2
林業 1 1
その他 1 9 10
計(人) 2 25 19 1 47
  1. (2)時間帯別発生状況(平成20〜22年)
    過去3年間(平成20〜22年)の時間帯別発生状況をみると、午後1時台から午後5時台の間に約8割が発生し、特に午後3時台から午後4時台に多発し、全体の約4割が発生している。
    また、猛暑であった平成22年については、他の時間帯においても多くの発生があった。



熱中症による死亡災害の時間帯別発生状況(平成20〜22年)

時間帯 午前9時
以前
午前
10時台
午前
11時台
午後
0時台
午後
1時台
午後
2時台
午後
3時台
午後
4時台
午後
5時台
午後6時
以降

(人)
平成20年 1 1 2 3 4 3 3 17
平成21年 1 2 1 4 8
平成22年 2 3 1 4 4 5 9 11 4 4 47
平成
(人)
2 3 2 6 8 9 13 18 7 4 72

※ 午前9時以前は午前0時台から午前9時台まで、午後6時以降は午後6時台から午後11時台までを指す。

熱中症による死亡災害の時間帯別発生状況(平成20〜22年)

4 作業開始からの日数別発生状況(平成20〜22年)

 過去3年間(平成20〜22年)の作業開始からの日数別発生状況をみると、全体の約4割が作業開始から7日以内に発生している。


作業日数別被災状況(平成20〜22年)

作業日数 初日 2日目 3日目 4日目 5日目 6日目 7日目 8日目 9日目 10日目以降
(人)
平成20年 3 3 2 2 1 1 1 4 17
平成21年 4 1 1 1 1 8
平成22年 6 3 7 1 2 1 2 1 24 47

(人)
13 7 10 3 3 3 3 1 29 72
作業日数別被災状況(平成20〜22年)

5 平成22年の熱中症による死亡災害発生状況の詳細

番号 業種 年代 事案の概要
1 6 その他 30歳代 被災者は、事業場の工場内において、家電製品の解体作業に従事していたが、午後4時過ぎに体調不良を起こし、その後死亡した。
2 6 製造業 30歳代 被災者は、事業場の建屋内において、コンクリート型枠の組立作業に従事していたが、午後4時過ぎに倒れ、その後死亡した。
3 7 建設業 50歳代 被災者は、商業用ビルの新装工事現場において、足場組立作業に従事していたが、午後3時過ぎに体調不良を起こし、その後死亡した。
4 7 建設業 50歳代 被災者は、事業場の資材置き場において、資材等の荷下ろし作業に従事していたが、午前10時過ぎに体調不良を起こし、その後死亡した。
5 7 製造業 30歳代 被災者は、事業場のクリーニング工場内において、洗濯物の投入作業に従事していたが、午後0時過ぎに倒れているところを発見され、その後死亡した。
6 7 農業 60歳代 被災者は、ビニールハウス内において、野菜のつる落とし作業に従事していたが、午後1時過ぎに倒れているところを発見され、その後死亡した。
7 7 その他 70歳代 被災者は、事業場の屋外において、除草作業に従事していたが、午後4時過ぎに倒れているところを発見され、その後死亡した。
8 7 建設業 30歳代 被災者は、道路拡張工事現場において、型枠組立作業に従事していたが、午後5時過ぎに体調不良を起こし、その後死亡した。
9 7 警備業 40歳代 被災者は、ガス管埋設工事現場において、交通誘導作業に従事していたが、午後5時過ぎに倒れ、その後死亡した。
10 7 運送業 40歳代 被災者は、トラックヤードにおいて、荷下ろし作業に従事していたが、午前10時過ぎに体調不良を起こし、その後死亡した。
11 7 建設業 20歳代 被災者は、緑地整備等工事現場において、木の伐採作業に従事していたが、午後2時過ぎに倒れ、その後死亡した。
12 7 製造業 40歳代 被災者は、事業場の工場内において、治具の片付け作業に従事していたが、午後3時過ぎに体調不良を起こし、その後死亡した。
13 7 その他 30歳代 被災者は、トラック運転配送業務に従事していたが、午後4時過ぎに体調不良を起こし、その後死亡した。
14 7 農業 30歳代 被災者は、ビニールハウス内において、農薬の散布作業に従事していが、午後3時過ぎに倒れているところ発見され、その後死亡した。
15 7 その他 60歳代 被災者は、事業場の工場内において、再生資源の選別作業に従事していたが、午後4時過ぎに倒れているところを発見され、その後死亡した。
16 7 警備業 30歳代 被災者は、道路工事現場において、工事車両の誘導業務に従事していたが、午後5時過ぎに体調不良を起こし、その後死亡した。
17 7 その他 40歳代 被災者は、事業場の資材置き場において、資材の分別作業に従事していたが、午後5時過ぎに体調不調を起こし、その後死亡した。
18 7 建設業 30歳代 被災者は、工場の増築工事現場において、金具取付作業に従事していたが、午後2時過ぎに体調不良を起こし、その後死亡した。
19 7 建設業 50歳代 被災者は、工場の敷地内において、ポンプモーターの設置作業に従事していたが、午前10時過ぎに体調不良を起こし、その後死亡した。
20 7 その他 50歳代 被災者は、ゴルフ場において、コースの整備作業に従事していたが、午後3時過ぎに倒れているところを発見され、その後死亡した。
21 7 その他 60歳代 被災者は、養鶏場において、採卵作業に従事していたが、午後2時過ぎに倒れているところを発見され、その後死亡した。
22 7 その他 30歳代 被災者は、自転車で新聞配達を行っていたが、午前4時過ぎに倒れているところを発見され、その後死亡した。
23 7 農業 40歳代 被災者は、住宅の造園工事現場において、資材の運搬作業に従事していたが、午後6時過ぎに体調不良を起こし、その後死亡した。
24 7 建設業 60歳代 被災者は、小学校の体育館改修工事において、廃棄物の運搬作業に従事していたが、午後4時過ぎに体調不良を起こし、その後死亡した。
25 7 建設業 50歳代 被災者は、橋脚修繕工事現場において、材料の運搬作業に従事していたが、午後3時過ぎに体調不良を起こし、その後死亡した。
26 7 その他 50歳代 被災者は、事業場の敷地内において、ごみ回収作業に従事していたが、午後2時過ぎに倒れているところを発見され、その後死亡した。
27 7 その他 50歳代 被災者は、事業場の自動車整備工場内において、車両の修理作業に従事していたが、午後4時過ぎに体調不良を起こし、その後死亡した。
28 8 運送業 60歳代 被災者は、事業場内の屋外において、ミキサー車の修理作業に従事していたが、午後1時過ぎに倒れているところを発見され、その後死亡した。
29 8 林業 50歳代 被災者は、森林内で、下草刈り作業に従事していたが、午後4時過ぎに倒れているところを発見され、その後死亡した。
30 8 農業 50歳代 被災者は、畑において、害虫の防除作業に従事していたが、午後7時過ぎに倒れているところを発見され、その後死亡した。
31 8 建設業 60歳代 被災者は、住宅リフォーム工事現場において、天井の張替作業に従事していたが、午後3時過ぎに倒れているところを発見され、その後死亡した。
32 8 製造業 40歳代 被災者は、事業場の工場内において、機械設備の調整作業に従事していたが、午後7時過ぎに体調不良を起こし、その後死亡した。
33 8 製造業 50歳代 被災者は、事業場の工場内において、マスキング作業に従事していたが、午後0時過ぎに体調不良を起こし、その後死亡した。
34 8 製造業 50歳代 被災者は、事業場の工場内において、清掃作業に従事していたが、午後7時過ぎに倒れているところを発見され、その後死亡した。
35 8 建設業 40歳代 被災者は、給水管工事現場において、資材運搬作業に従事していたが、午後0時過ぎに体調不良を起こし、その後死亡した。
36 8 建設業 30歳代 被災者は、パイプライン修繕工事において、廃材運搬作業に従事していたが、午後3時過ぎに倒れているところを発見され、その後死亡した。
37 8 製造業 40歳代 被災者は、事業場の工場内において、射出成形機取扱作業に従事していたが、午前0時過ぎに体調不良を起こし、その後死亡した。
38 8 農業 50歳代 被災者は、河川の土手において、除草作業に従事していたが、午後4時過ぎに倒れ、その後死亡した。
39 8 建設業 30歳代 被災者は、マンション建設工事において、コンクリート打設作業に従事していたが、午後3時過ぎに倒れているところを発見され、その後死亡した。
40 8 製造業 40歳代 被災者は、事業場の工場内において、金属製品の研磨作業に従事していたが、午後4時過ぎに体調不良を起こし、その後死亡した。
41 8 建設業 50歳代 被災者は、個人住宅建築工事において、水道設備工事作業に従事していたが、午前11時過ぎに体調不良を起こし、その後死亡した。
42 8 農業 30歳代 被災者は、個人住宅の樹木伐採作業において、枝葉をトラックに積み込む作業に従事していたが、午後3時過ぎに体調不良を起こし、その後死亡した。
43 8 建設業 50歳代 被災者は、道路修繕工事において、コンクリート運搬作業に従事していたが、午後4時過ぎに倒れているところを発見され、その後死亡した。
44 8 建設業 40歳代 被災者は、ゴルフ場において、給水設備の清掃作業に従事していたが、午後0時過ぎに体調不良を起こし、その後死亡した。
45 8 建設業 50歳代 被災者は、商業施設改築工事現場において、工具運搬作業に従事していたが、午後1時過ぎに体調不良を起こし、その後死亡した。
46 8 製造業 40歳代 被災者は、事業場の工場内において、手押し車の製造作業に従事していたが、午後2時過ぎに体調不良を起こし、その後死亡した。
47 9 建設業 60歳代 被災者は、個人住宅において、電気配線作業に従事していたが、午後1時過ぎに倒れているところを発見され、その後死亡した。

上記47人の死亡者のうち、

  1. (1)45人については、WBGT値の測定を行っていなかった。(うち、建設業等18人、製造業8人)
  2. (2)33人については、計画的な熱への順化期間が設定されていなかった。(うち、建設業等15人、製造業5人)
  3. (3)39人については、自覚症状の有無に関わらない定期的な水分・塩分の摂取を行っていなかった。(うち、建設業等15人、製造業9人)
  4. (4)17人については、糖尿病等の熱中症の発症に影響を与えるおそれのある疾病を有していた(疾病の影響の程度は不明)。(うち、建設業等6人、製造業4人)
  5. (5)4人については、体調不良、食事の未摂取又は前日の飲酒があった。(うち、建設業等2人、製造業2人)

ホーム > 政策について > 分野別の政策一覧 > 雇用・労働 > 労働基準 > 安全・衛生 > 統計・災害事例 > 安全衛生関係統計等一覧 > 熱中症による死亡災害発生状況 > 熱中症による死亡災害発生状況(平成22年) > 熱中症による死亡災害発生状況(平成22年)について

ページの先頭へ戻る