ホーム > 政策について > 分野別の政策一覧 > 雇用・労働 > 労働基準 > 安全・衛生 > 統計・災害事例 > 安全衛生関係統計等一覧 > 酸素欠乏症・硫化水素中毒による労働災害発生状況 > 酸素欠乏症等の労働災害発生状況について(平成23年) > 酸素欠乏症・硫化水素中毒による労働災害発生状況(平成23年)について

酸素欠乏症・硫化水素中毒による労働災害発生状況(平成23年)について

基安労発0601第1号
平成24年6月1日

都道府県労働局労働基準部健康主務課長 殿

厚生労働省労働基準局
安全衛生部労働衛生課長
(公 印 省 略)

 酸素欠乏症等防止規則(昭和47年労働省令第42号)における酸素欠乏症又は硫化水素中毒(以下「酸素欠乏症等」という。)による休業4日以上の労働災害発生状況を別紙1に、また、平成23年に発生した酸素欠乏症等の事例を別紙2に、それぞれ取りまとめたので、関係事業者等に対する指導等の参考とされたい。
 なお、酸素欠乏症等防止規則における硫化水素中毒とは、酸素欠乏危険場所において発生したものである。

酸素欠乏症等の労働災害発生状況

別紙1

1 酸素欠乏症等の災害発生状況(平成元年〜平成23年)

  1. (1)酸素欠乏症
    平成23年の酸素欠乏症による労働災害は、2件(前年同)であり、被災者は2人(前年比1人減)、うち死亡者は2人(前年比1人減)であった。
  2. (2)硫化水素中毒
    平成23年の硫化水素中毒による労働災害は、2件(前年比1人増)であり、被災者は3人(前年比2人増)、うち死亡者は1人(前年比1人増)であった。

表1 酸素欠乏症等の労働災害発生状況(平成元年〜23年)

2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15
酸素
欠乏症
被災者数 26 23 30 20 17 22 23 22 25 28 9 21 15 10 5
死亡者数 9 10 16 12 8 8 14 10 8 9 3 10 7 7 3
発生件数 14 16 20 13 13 16 14 13 15 17 7 17 12 7 5
硫化水素
中毒
被災者数 6 10 2 11 8 12 8 13 5 7 13 7 7 18 2
死亡者数 2 1 1 2 7 2 1 4 0 2 6 6 1 15 0
発生件数 4 5 2 6 3 6 4 8 3 5 6 3 5 7 2
16 17 18 19 20 21 22 23 合計
酸素
欠乏症
被災者数 11 9 12 11 8 6 3 2 358
死亡者数 2 4 9 5 5 4 3 2 168
発生件数 10 8 11 9 6 3 2 2 250
硫化水素
中毒
被災者数 4 3 3 1 3 3 1 3 150
死亡者数 3 0 2 0 2 0 0 1 58
発生件数 2 2 3 1 3 1 1 2 84

備考:被災者数は死亡者数を含む。

図1 酸素欠乏症の労働災害発生状況(平成元年〜23年)(縦軸:人・件、横軸:年)
図1 酸素欠乏症の労働災害発生状況(平成元年〜23年)

図2 硫化水素中毒の労働災害発生状況(平成元年〜23年)(縦軸:人・件、横軸:年)
図2 硫化水素中毒の労働災害発生状況(平成元年〜23年)

2 酸素欠乏症等の業種別発生状況(平成14年〜23年)

  1. (1)酸素欠乏症
    過去10年間の業種別発生状況をみると、製造業が最も多く、次いで建設業であり、この2業種で全体の約75%を占めている。
  2. (2)硫化水素中毒
    過去10年間の業種別発生状況をみると、製造業が最も多く、次いで建設業、清掃業の順となっており、この3業種で全体の約67%を占めている。

表2 業種別発生状況(平成14年〜23年)

業種 製造業 建設業 運輸
交通業
貨物
取扱業
農林
水産業
商業・
金融業
接客
娯楽業
清掃業 その他
の事業
酸素欠乏症
(件)
30 16 3 3 1 0 0 5 5 63
硫化水素中毒
(件)
9 5 0 0 1 0 1 5 3 24
39 21 3 3 2 0 1 10 8 87

図3 業種別発生状況(平成14年〜23年)(縦軸:件、横軸:業種)
図3 業種別発生状況(平成14年〜23年)

3 酸素欠乏症等の月別発生状況(平成14年〜23年)

  1. (1)酸素欠乏症
    過去10年間の月別発生状況をみると、発生件数が多い月は、7月の9件、6月及び10月の8件である。
  2. (2)硫化水素中毒
    過去10年間の月別発生状況をみると、発生件数が多い月は、8月の6件、7月の4件などである。

表3 月別発生状況(平成14年〜23年)

1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
酸素欠乏症
(件)
7 5 2 5 3 8 9 1 6 8 6 3 63
硫化水素中毒
(件)
1 1 3 1 1 3 4 6 1 2 1 0 24
8 6 5 6 4 11 13 7 7 10 7 3 87

図4 月別発生状況(平成14年〜23年)(縦軸:件、横軸:月)
図4 月別発生状況(平成14年〜23年)

別紙2

平成23年に発生した酸素欠乏症の事例

番号 業種 発生月 被災者数 発生状況
死亡 休業
1 飲食店 2月 1人    被災者(飲食業が主たる事業の会社で修理工として勤務)は、造船所にて、ドックに修繕船が入渠した際に、ドックの扉船の開きが悪かったため、扉船の中に入った。被災者が出てこないことに同僚が気付き、中で倒れているところを発見した。病院に搬送されたが後に死亡した。扉船内の部屋に海水が入り、かつ、部屋が長期間密閉されていたため、酸素欠乏危険場所となったもの。
2 清掃業 8月 1人    被災者は、産業廃棄物の最終処分処理施設にて、堅型集排水塔に入った。被災者がいないことに同僚が気付き、堅型集排水塔の中を覗いたところ、仰向けで倒れている被災者を発見した。救急レスキュー隊が救出し、病院へ搬送されたが死亡が確認された。汚水が入っている堅型集排水塔が長期間密閉されていたため、酸素欠乏危険場所となったもの。

備考:「休業」は、休業4日以上のものである。

平成23年に発生した硫化水素中毒の事例

番号 業種 発生月 被災者数 発生状況
死亡 休業
1 クリーニング業 1月 1人    被災者は、モップの洗浄工場の汚水処理施設にて、早朝出勤を行い汚水処理設備棟にて勤務していた。同僚が出勤したところ、通常は閉まっている一次処理層の蓋が開いており、その中で被災者を発見した。同僚らで被災者を引き上げ、病院に搬送されたが、後に死亡した。汚水により硫化水素濃度が高くなったもの。
2 環境計量証明業 6月   2人  被災者等は、下水処理施設にて、汚水ピットに1人が入ったところ、意識を失い汚水ピット内に転落。汚水ピット内を覗いたもう1人が、先に入った同僚を発見。救出に向かったところ、同様に意識を失い汚水ピット内に転落した。後で入った同僚が意識を取り戻し、自力で脱出して救急隊を呼んだ。汚水により硫化水素濃度が高くなったもの。

備考:「休業」は、休業4日以上のものである。

ホーム > 政策について > 分野別の政策一覧 > 雇用・労働 > 労働基準 > 安全・衛生 > 統計・災害事例 > 安全衛生関係統計等一覧 > 酸素欠乏症・硫化水素中毒による労働災害発生状況 > 酸素欠乏症等の労働災害発生状況について(平成23年) > 酸素欠乏症・硫化水素中毒による労働災害発生状況(平成23年)について