ホーム > 政策について > 分野別の政策一覧 > 雇用・労働 > 職業能力開発 > 職業能力評価・技能振興 > 職業能力評価基準について > 職業能力評価基準の活用事例

職業能力評価基準の活用事例

職業能力評価基準の活用

<職業能力評価基準に準拠した検定>

  • 実施機関:中央職業能力開発協会
  • 事務系職務(人事・人材開発、総務、経理、営業・・・等)を広く網羅した資格試験です。「仕事ができる人材」の実務能力を育成・評価・証明する試験制度となっています。
  • 実施機関:社団法人新日本スーパーマーケット協会
  • スーパーマーケット業界全体のレベルアップを図ることを目的とした資格認定制度で、スーパーマーケット等の小売業(流通業)に従事している方(社員・従業員/パート・アルバイト含む)の知識と技術の向上を目指した能力検定試験です。
  • 実施機関:NPOシニアマイスターネットワーク
  • ホテル業界の能力評価認定制度で、職業評価基準に基づき、一般職、監督職、管理職、上級管理職の4等級の職務レベルを設定し、そのレベル毎に必要な職業能力を理解するためのテキストを作成しています。詳しい取組はこちらをご覧ください。

<個別の事例>

公益社団法人日本ロジスティクスシステム協会では、職業能力評価基準(ロジスティクス分野)を活用して、物流現場で働く中堅管理者(現場主任・リーダー)を対象とした育成の手引き及び「評価シート」を作成しました。

○その他の事例

こちら(中央職業能力開発協会HP)をご覧ください。

ホーム > 政策について > 分野別の政策一覧 > 雇用・労働 > 職業能力開発 > 職業能力評価・技能振興 > 職業能力評価基準について > 職業能力評価基準の活用事例